あじさい寺ポタ

c0337875_21445313.jpg
毎年恒例の嵐山町のあじさい寺「金泉寺」に行って来ました。雨の予報でしたがまったく降る気配がなく、晴れ間も見えてきたので自転車です。

駐車場は満車ですごい人出ですが、これから御本堂でコンサートがあるというので、皆さんそちらへ行ってしまい、参道は空いてます。

c0337875_21452517.jpg
年々人気が高まっているようで、駐車場待ちの渋滞も発生していました。

c0337875_21455303.jpg
あじさいは今が見頃とのことですが、少雨の影響か、今年も去年同様、咲き具合はイマイチ。枯れてしまっているものもありました。

c0337875_21462713.jpg
花よりだんご。ここに来れば何かあると思い、昼食は食べて来ませんでした。この日は2つのお店が出ていました。日によってはキッチンカーもあるそうです。他にかき氷もあります。自販機もお堂の横にあります。

こちら滑川町の「たこえもん」さんのきつねうどん300円とみそ田楽100円。

c0337875_21464319.jpg
そして隣のお店で焼きそばも200円で売られていたので買いました。あ、家で食べるのと同じ味(笑)。

c0337875_21470651.jpg
そしてラムネ。ハタ鉱泉さん製。

c0337875_21475358.jpg
お堂のコンサートは盛況なようで外にも多くの人が。

c0337875_21480902.jpg
今年もご住職手づくりの漬け物などが売られていました。あれ、今年はきゃらぶきが無い・・・。売り上げはアジサイのために使われるそうです。

c0337875_21492614.jpg
アジサイは主に山の斜面に植えられています。

c0337875_21494302.jpg

c0337875_21503372.jpg

c0337875_21505677.jpg
少雨が原因なのか、山の保水力が無いのか、また両方なのか、風通しが良過ぎるのか分かりませんが、アジサイに元気が無いのがちょっと気がかりです。5月の気温が高かったせいもあるのかな。ご住職さんや管理されている方もきっと大変な御苦労があるんだと思います。

c0337875_21511416.jpg
すぐ横は関越自動車道。

c0337875_21513801.jpg
ここは比較的新しく植えられたところで、一番きれいだったかも。

c0337875_21522717.jpg
アジサイ以外にもいろいろ植えられています。こちらはヤマボウシ。

c0337875_21524466.jpg
アジサイとブルーベリー。

c0337875_21530259.jpg
小さなカキの実が成っていました。

c0337875_21540572.jpg
梅雨入りしてもなかなかまとまった雨が降りませんね。今年もアジサイを愛でることができて良かったです。こちらのアジサイ寺は訪れる人が本当に増えました。無料で楽しめますしね。

c0337875_21542784.jpg
自転車の写真が無かったので最後に一枚。梅雨の時期の雨予報、今週は走ることができないと思っていましたが、思いのほか快適に自転車に乗れて満足です。






[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-26 21:54 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

ラ・ボンヌ 6

c0337875_21234761.jpg
東松山にありますが、最寄駅はどちらかというと森林公園寄り、住宅地の中にある地域密着型のパン屋「ラ・ボンヌ」さんに立ち寄ります。お手頃な価格で調理パン、菓子パン、ベーグル、焼き菓子、ラスク、ロールケーキなどが並びます。

c0337875_21240752.jpg
今回も積載能力めいっぱい買いました。ごまベーグル、チーズベーグル、明太ベーグル、ツナ玉ベーグル、エビグラタン、たこ焼き、カレーパン、ピーナツクリームフランスです。これで約千円。調理パンは小振りですが、お値段抑えられてますのでいろいろな種類のパンを買って食べることができます。どれも素朴で美味しいですが、特にお気に入りはたこ焼きパン。パンの中にトロッとしたたこ焼きが入ってます。

c0337875_21242693.jpg
そしてラ・ボンヌさんの名物といえるロールケーキも購入。クリーム、抹茶、ココア、モカの4種類があるので今回はクリームにしました。クリームは少なめで生地はしっとりめ、どこか素朴で懐かしく食べやすくて、冷して食べても美味しいです。

c0337875_21551381.jpg
帰りは森林公園駅で電車見物。こちら東急直通急行Fライナー。

c0337875_21553376.jpg
車庫での入れ替えのためホームに停まる8000系。

c0337875_21555163.jpg
復刻カラー、セージクリーム。








[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-26 21:24 | パンピザパスタ(埼玉・東京) | Comments(0)

鎌倉ライド&ハイク 5

c0337875_10025304.jpg
池田丸さんで刺身定食を堪能した後は海沿いの国道134号を走ります。江ノ電と並走です。道路は鎌倉方面へ向かう車が渋滞中。とにかく車も人も自転車も多くて写真もなかなか撮れません。教会、病院、高校と横目に見ながら潮風を浴びて走ります。

c0337875_10031764.jpg
やっと国道から離れ、江ノ電沿いを走ります。

c0337875_10033982.jpg
七里ケ浜駅近くの七里ケ浜高校近くの踏切。この高校は元々ホテルだったんだそうな。

c0337875_10035938.jpg
踏切の先はすぐに海です。

ここからは一旦海から離れ、山側の住宅地に入ります。入りますが坂ばかりで分かりづらくて走りにくい場所です。いかにも西◯系の街といった感じでした。

c0337875_10042162.jpg
妙法寺から鎌倉山に出ることも考えましたが、せっかくなので海沿いの稲村ケ崎へ下りてきました。

c0337875_10044316.jpg
ここまで来たら混雑する海沿いの国道を走らずに済みます。江ノ電に沿うように鎌倉中心部へ向かいます。

c0337875_10050629.jpg
山間の道を走って極楽寺駅に到着。ここもカップルなどでけっこうな賑わい。極楽寺は釈迦如来坐像が有名(秘仏なので4月8日〜10日の3日間しか拝めません)。

c0337875_10053220.jpg
そして長谷駅。あ、カールおじさん車両が・・・と思ったら動き出してしまい、寄って撮れませんでした。ここは長谷寺と鎌倉大仏で有名な高徳院があるので混雑もハンパありません。

c0337875_10060090.jpg
長谷通りを北上し、鎌倉大仏へ。もう人、人、人でとても立ち寄れません。車も大混雑で大渋滞。すれ違いでバス同士の怒号が飛び交うなどかなり殺伐としてます。こりゃサイクリストも殺伐とするのが分かる気がします(笑)。地元の人は週末などの混雑期は裏道へ迂回して寄り付かないんだろうなあ。

c0337875_10062700.jpg
大仏トンネルまで来ると人も車も一気に減ります。

c0337875_10064547.jpg
今度は寺分(てらぶん、昔はてらわけ)・梶原地区の住宅地を走ります。ここも急坂ばかりです。なので多くの人が電動自転車で走っています。寺分の富士見坂を竹MTBでゴリゴリ上っていると、後ろから電動自転車のおばちゃんがやって来て、私を涼しい顔で追い抜いて振り返ってドヤ顔してました・・・。ちなみに「寺分」とは「寺領があった場所」という意味だそうです。そういえば住宅地に入る前に鳩サブレーの工場がありました。

c0337875_10070690.jpg
本当は隣接する鎌倉中央公園へ向かおうとしたのですが、間違って反対側に下りてしまい、途中にあった木陰がいっぱいの小さい公園でひと休み。

c0337875_10072733.jpg
でも公園の名前は日当(ひあたり)公園でした。後で調べてみますと、この公園の横の道路はどうやら鎌倉街道上道らしいのです。この道が昔、埼玉まで続いていたと思うと感慨深いものがあります。ここに導かれたのは運命ですかね〜。ここからは一旦来た鎌倉駅付近の鎌倉街道に出て大船駅に向かうことにします。

c0337875_10074920.jpg
大船駅に到着。初めて来ました。いくつもの路線が乗り入れていますが所詮田舎のローカル駅だろうと思っていたのですが・・・ものすごい人とにぎわいでした。失礼しました。

c0337875_10081030.jpg
大船駅東口から鎌倉街道へ戻る道を進みます。

c0337875_10084198.jpg
鎌倉街道沿いにある横須賀線北鎌倉駅。鳩サブレーのお店などがありました。駅周辺には有名なお寺がいくつもあります。

c0337875_10090452.jpg
円覚寺(えんがくじ)の参道。1282年創建、鎌倉五山第二位。参道を横須賀線が横切ります。

c0337875_10092517.jpg
そして鎌倉五山第一位、建長寺。1253年創建。鎌倉を代表するお寺の一つです。

c0337875_10094896.jpg
有名な古刹があるものの、鎌倉街道沿いはそれほど混雑は無く、お店も点在し、程良い賑わい。このくらいの雰囲気がいいよね。自転車でも走りやすいし。

c0337875_10100949.jpg
鎌倉街道をそのまま進むと鶴岡八幡宮の手前でやはり大渋滞、西の鳥居がある脇参道は比較的空いていて入れそうな気もしましたが・・・自転車をどこに置いたらいいか分かりません。

c0337875_10103073.jpg
鶴岡八幡宮、二の鳥居の交差点です。左は鶴岡八幡宮、右は若宮大路、真っ直ぐは横大路です。こちら側の信号が青なのですが・・・ご覧の通り、赤信号でも歩行者が平然と渡っていて通れません(苦笑)。といいますか信号があることに気付いていない?これでは大渋滞するはずです。

それにしましてもどこもすごい人出です。例えますと若宮大路は表参道、小町通りは竹下通り、そして市内のあちこちに川越の蔵造り一番街並みの賑わいがいくつもある感じで、昔はこれほどでは無かった気がします。自転車じゃ大仏も鶴岡八幡宮も立ち寄るのさえ大変です。それとも時期をずらせば何とかなるのかな。

c0337875_10115709.jpg
とりあえず、横大路を走り、小町大路を南下、材木座の落ち着いた町並みを走り、材木座海水浴場にやってきました。

c0337875_10121525.jpg
国道をアンダーパスして海岸へ。アルミのゲートのあるところまで自転車で行けます。

c0337875_10125049.jpg
海を眺めてひと休み、よく走りました。

c0337875_10134044.jpg
あの先端は稲村ケ崎。富士山も見えます。

c0337875_10140236.jpg
竹MTBと砂浜。この付近だけ人が少なくて写真が撮りやすいなあ、と思って振り向くと・・・海沿いのお店のテラスで怖そうな方々がパーティーの真っ最中・・・。慌てて私も立ち去ります。

c0337875_10143113.jpg
由比ケ浜地区の路地。この後、佐助一丁目まで行き、その先の銭洗弁財天へ向かおうと思ったのですが、ちょっと時間的に中途半端。少し早いけど佐助一丁目でYASさんに電話。鎌倉駅で待ち合わせ。

c0337875_10151049.jpg
鎌倉駅。東口は激混みですが、西口は比較的空いています。ここからはYASさんの奥様に教えていただいたスイーツのお店を巡ります。

c0337875_23041196.jpg
最初は小町通り入口にある和菓子屋「長嶋家」さん。名物の粟大福を無事、購入できました(記事はこちら)。

c0337875_10152904.jpg
そして若宮大路沿いにある「くるみっこ」が有名なお店に行きましたが・・・なんと完売。それにしましても巨大な狛犬です。

3件目は駅近くの線路沿いにある「レザンジュ」さんでソフトクッキーなど焼き菓子を購入(記事はこちら)。

c0337875_10160013.jpg
YASさん宅に少しおじゃました後、ご家族の方々と夕食は車で湘南モノレール下の洋食屋「オバズキッチン」さんで。おばちゃんお二人で切り盛りされているので「オバズ」だそうです。窓が大きく、モノレールを見ながら食事が楽しめます。ここは観光客向けでは無く、地元密着型ですね。雰囲気も良く、洋食の定番がいろいろいただけます。もちろん禁煙。

c0337875_10163043.jpg
私は煮込みハンバーグにしました。コクのあるデミとやわらかハンバーグの組合せはご飯が進みます。味噌汁もおいしい。アットホームな店内で楽しく食事ができました。

ここからデポ地に戻り、鎌倉を後にしました。帰りは藤沢市内で渋滞したものの、圏央道が空き空きだったので2時間10分で帰宅、日曜としては早い方です。自転車での走行距離は47.4キロ。最初YASさんには74キロとお伝えしてしまったのですが、47.4キロを74.7キロと間違って読んでしまっていました、すみません。自分でもちょっと多いなと思ったのですが・・疲れてるのかな・・・。YASさん、奥様、そしてお子様たちにも大変お世話になりました。鎌倉で充実した一日を楽しめました。そしておかげさまで鎌倉の土地勘が少し養えたと思います。ありがとうございました。

走行距離:47.4キロ(徒歩移動を除く←けっこう歩きました)。

最初の記事に戻ります・・・




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-25 23:39 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(2)

慈げん 65

c0337875_11001115.jpg
ぱんだです。今や全国的なかき氷の名店になっている「慈げん」さんに立ち寄ったにゃ。でもにゃ、お店の雰囲気は昔と変わらないにょ。この日の「只今のかき氷」は吹き出しも入れて23種類にゃ。他に定番メニューもあってにゃ、どれにしようかにゃ〜、といつも以上に迷ったぞ。

c0337875_11010230.jpg
決まったのにゃ〜。

まず最初に「ブルーベリー」着氷〜にゃ。濃厚なブルーベリー蜜ににゃ、これまた氷の上にも中にも実がたっぷりにゃにょ。「慈げん」さんのフルーツ系かき氷はにゃ、甘さだけじゃなくってにゃ、果実の酸味もコクもしっかり味わえるのが魅力にゃにょ。食べ初めから終わりまで果実感を堪能できてうれしいにょ。おいしかったにゃ〜。

c0337875_11020466.jpg
次は「カラメル玄米ミルク」着氷〜にゃ。別添えで岩塩がつくにょ。ふわふわの氷に濃厚なカラメル蜜が沢山かかっているにょ。カラメルの香ばしい香りと苦味に、さらっとしたコクのあるミルクの味が合わさるとマイルドになってにゃ、とってもおいしいにょ。上に振りかけられた玄米のポリポリした食感がにゃ、カラメルの香ばしさと相まっていい感じのアクセントになっているにょ。玄米は恐らく妻沼の西田園さん製にゃ。途中で岩塩を振るとまろやかな甘味が増してにゃ、また違った美味しさが味わえる2度おいしいかき氷にゃ。おススメぞ。

c0337875_11024469.jpg
次に「和三盆レモンに梅干し」着氷〜にゃ。追い蜜に和三盆蜜が別添えでついてくるにょ。蜜がきれいな渦巻き模様になっているにゃ。一口食べるとキューとした酸味が口の中に広がるにょ。レモンの酸味と梅干しの違う種類の酸味が重なりあってにゃ、いい感じにゃ。和三盆蜜を後からかけるとにゃ、酸味にやさしい甘味が加わってにゃ、ウマウマにゃ。暑い日におススメのかき氷にゃ。おいしかったにゃ〜。

c0337875_11032266.jpg
最後に「ザ・パイナップル」着氷〜にゃ。羽根付きにゃ。羽根を崩さないようにそっと食べ進めるのにゃ。パイナップル蜜なんだけどにゃ、氷のふわふわ感や食感を残しつつ、氷への浸透度がすごいにょ。パイナッブルの繊維も残しているにょ。そして食べ進むとよく冷えたパインブロックがザクザク出てくるにょ。パインの甘味、酸味、苦味などいろいろな魅力を味わえる反則ともいえるニクイ演出にゃ。最高にゃ〜。おいしくってバクバク食べちゃったぞ。

これから本格的な夏に向けてメロンやプラム、スイカなどなど魅力的な果実系かき氷メニューがどんどん出て来ると思うんだけどにゃ、ものすごい混雑が予想されるので次は夏が終わったらになりそうかにゃ〜。今度はどんなかき氷が食べられるのか楽しみにゃ〜。絶品かき氷堪能したにゃ〜。




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-25 11:03 | おやつ(アイス、かき氷) | Comments(0)

長嶋家

c0337875_20290559.jpg
鎌倉ライドの時にYASさんの奥様に、手みやげスイーツのお店をいろいろと教えていただいた。その中の1店、大正から続く老舗和菓子屋「長嶋家」さんへ向かうことに。YASさんと鎌倉駅西口で待ち合わせ。お店は東口の小町通りにあります。

c0337875_20293541.jpg
鎌倉駅東口から小町通りに入ったすぐの右側にお店はありました。それにしましても小町通りはすごい人出で、自転車は乗るどころか押して歩くのも大変です。立ち止まって写真を撮ることもできません。川越の蔵造りの一番街以上のにぎわいです。週末は近くの市役所に隣接する有料駐輪場に自転車を預けて徒歩にした方が良さそうです。

さて、お店は思ったよりこじんまりして素朴な感じ、好感が持てます。昔ながらの和菓子屋さんといった店構えです。粟大福と切山椒が名物だそうで、他にも定番、季節限定など手作り感あふれるお菓子が並びます。また、イートインスペースもあり、けずり氷(かき氷)や源氏しるこ、甘酒などがいただけます。もちろん禁煙。けずり氷(けずりひ)は気になりますねー。平日にFライナー使って食べにいっちゃおうかな。

c0337875_20295570.jpg
今回は奥様一押しの粟大福にしました。創業以来からのお菓子だそうです。こしあんとつぶあんがあります。こんな趣きのある印の押してある包み紙に包んでもらえます。

c0337875_20301183.jpg
むむ、これは美味しい。もちっとした食感の生地と自然な甘さの舌にさらっと滑らかな餡の一体感がタマリマせん。餡には塩を使用していないそうです。昔ながらの製法で作られたということで、それが味や食感にも表れています。つぶあんも美味しかったですが、個人的には断然こしあんが好みです。これは何個でも食べられちゃいますね。再訪決定、良いお店を教えていただきました。

10:00〜20:00(季節によってもしかしたら変動あるかも知れません)、木曜定休。





[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-25 09:57 | おやつ(和、洋風和菓子) | Comments(0)

c0337875_22405893.jpg
見事な彩色と彫刻などが施された総門。仁王像の髻(もとどり:髪を束ねたもの)は金で結い、天衣や裙(くん:腰巻き)も鮮やかで荘厳な彩色が。境内には神仏習合時代の名残が随所に。

c0337875_22413072.jpg
総門横の石垣が精巧過ぎる・・・。妙義山の安山岩で造られていて県重要文化財だそうです。

c0337875_22415546.jpg
総門をくぐると右に札所。ここで御朱印を賜ることができます。

c0337875_22423667.jpg
石段をいくつも上がっていきます。

c0337875_22430144.jpg
石段も歴史を感じます。ギリシャ神殿みたいです。神を祀るところは何かしらの共通の思考が反映されているのかな。ユングの曼荼羅を思い出します。

c0337875_22432126.jpg
扁額に「白雲山」と掲げられた大きな銅鳥居。こちらも県重要文化財。

c0337875_22441123.jpg
鳥居の柱の藁座の部分には上半身だけの狛犬がいくつも。これは珍しい。

c0337875_22443513.jpg
銅鳥居をくぐると右手に鎮座する波己曽(はこそ)社。元々はこちらが妙義神社の社殿だったそうです。

c0337875_22452616.jpg
漆黒を基調にさまざまな装飾や紋様が鮮やかに彩られています。豪華です。

c0337875_22461837.jpg
この先は幣殿、本殿と続いています。ここに黄金の狛犬?がありますが、吽形だけに角があるのが不思議。今度調べてみますか。※追記:元々は両方とも獅子で2頭に違いは無かったのですが、平安時代に獅子と狛犬が一対で置かれるようになり、狛犬にだけ角が一本あったのが元々の姿だったそうです(ぱんだ監修)。

c0337875_22463906.jpg
こちら波己曽社のお隣にある社務所。

c0337875_22475635.jpg
社務所の前には見事なウラジロガシの巨樹が。

c0337875_22481482.jpg
社務所の大きく重厚な唐破風。元々はお寺だったのでしょうか。左には宝物拝観の入口があり、拝観料は200円。

c0337875_22483310.jpg
唐破風には大きな天狗の面がありました。

c0337875_22491602.jpg
妙義神社はさらに急な石段を上がっていきます。神社の公式HPの写真ではもっと苔蒸して鬱蒼とした感じですが、杉の巨木が切られていて、明るい雰囲気になってしまっています。ちなみに足腰に自信が無い方は比較的緩めの脇参道もあります。

c0337875_22493539.jpg
石段はところどころかなりうねっています。杉の木の根が石段を持ち上げているからです。

c0337875_22501119.jpg
かつてあった巨樹。2年前に付近の数十本の巨樹が伐採されたそうです。伐採された明確な理由は不明です。

c0337875_22510384.jpg
石段を上り切ったところにある随神門。おそらく随身(偉い人の警護)がいるから随神門なんだと思います。

c0337875_22513042.jpg
鬼の像もあります。阿吽になっていることから仁王像と同じ理由で安置されているのかな。こちら赤鬼で阿形。ユーモラスな虎の腰巻きです。

c0337875_22515388.jpg
こちら青鬼で吽形。

c0337875_22554680.jpg
随身はひな飾りのような分かりやすい区別ができず位置関係から、恐らくこちらが右大臣。ここにも虎の敷物が。

c0337875_22561425.jpg
恐らくこちらが左大臣。

c0337875_22572169.jpg
さらに石段を上がると唐門があります。ここをくぐると妙義神社の社殿があります。

その5へ続きます・・・



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-25 09:42 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

気になる新店・・・

c0337875_23100119.jpg
熊谷の押切橋北に、新しくラーメン屋さんが6月16日にオープンしました、「らあめん吟」さんです(写真はオープン前の6月11日)。自転車でよく通る道沿いなのでずっと気になっていたんですよねー。自家製麺であっさり醤油系、しかも禁煙ということで、近く訪問したいと思ってます。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-23 23:16 | ラーメン(埼玉北部秩父) | Comments(0)

にこわた 27 

c0337875_21580384.jpg
熊谷北部、延喜式内社の奈良神社の参道沿いにあるベーグル工房「にこわた」さんで久し振りに工房焼きたて直売の日だったので行って来ました。工房は二の鳥居の手前の石灯籠のところにあります。

神社や工房の周囲は麦秋でした。

c0337875_21582395.jpg
今回は「レモンあんこ」「ライ麦いっぱいレーズン」「ぐるぐるきな粉」「いっぱいとろっとチョコ」「ライ麦クランベリー&クリチ」そして「ワイルドレモンのソフトクッキー」にしました。種類によって成形が違います。ライ麦入りの配合率は約30%だそうです。どれも美味しかったですが特にワイルドレモンの果実感をぎゅっと詰め込んだ「レモンあんこ」と、きな粉をグルグルとたっぷり巻き込んだ「ぐるぐるきな粉」がすごく気に入りました。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-23 22:01 | パンピザパスタ(埼玉・東京) | Comments(0)

梅雨の晴れ間の朝練

c0337875_22291597.jpg
そもそも本当に梅雨入りしたかどうか微妙ですが、せっかくの平日休み、時間もできたので、ちょっと竹自転車で走ってきました。

c0337875_22295266.jpg
薄日が心地よいのか、あちこちでアオダイショウがひなたぼっこしているので踏まないように走ります。

c0337875_22303045.jpg
麦秋と桑の木。

c0337875_22304650.jpg
八高線は今日も見ることができませんでした。

c0337875_22310803.jpg
湿地帯の小径を抜け・・・

c0337875_22312804.jpg
県道を渡り、梅の実が実る未舗装路を走って・・・

c0337875_22315259.jpg
再開したばかりのシロクマさんで遅い朝食。パンもお店も今まで通りで安心しました。暑くてもここのパンなら食べたくなります(記事はこちら)。

c0337875_22323856.jpg
空には夏のような雲が浮かびます。

c0337875_22325724.jpg
暑くなると水場が恋しくなります。今日は竹本の湧き水へ向かいます。

c0337875_22332402.jpg
散歩道のオアシス。眼下に湧き水はあります。

c0337875_22340095.jpg
こちらがその湧き水「お池の水」です。田んぼのすぐ下にあるのですが、飲用可です。環境省HPの「埼玉県の代表的な湧水」で比企郡から唯一選ばれています。

c0337875_22345593.jpg
水場には人が集まって、交流の場になってます。車で来てタンクに汲んでいく人が多いですね。

c0337875_22352448.jpg
私はちょっと一杯いただくだけなので、すぐに譲ってもらえました。水量は豊富、美味しく喉を潤します。

c0337875_22354604.jpg
付近の谷津は田植えも終わり、水田に夏の雲が映ります。

c0337875_22363011.jpg
谷津には大小たくさんのため池が。

c0337875_22364686.jpg
沼の真ん中にある「きけん」の注意書き。ちょっと怖い・・・。

c0337875_22370647.jpg
もうすぐ本格的な梅雨ですかねー。その前に走ることができて良かったです。




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-22 22:37 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

c0337875_22261222.jpg



c0337875_22263423.jpg
前橋市を流れる広瀬川にて。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-22 22:27 | 自転車のある風景 | Comments(0)

かんだ和彩

c0337875_23035646.jpg
ぱんだです。熊谷市鎌倉町の国道17号沿い、八木橋さんの向かいに以前からちょっと気になっていた和菓子屋さんができたにょ。どんなお店かにゃ〜、と思っていたらにゃ、妻沼の「まっち珈琲」さんの店主さんから、良いお店で頑張ってらっしゃるので是非、と教えていただいたのでさっそく訪問したにゃ。お店は「かんだ和彩」さんというんだそうにゃ。

c0337875_23041469.jpg
お店の外観は今風にゃ。店内にはイートインスペースもあるにょ。店主さんは京都のお店で10年以上修行されたとのことで、お菓子やお店の雰囲気が京風だったにゃ。お菓子は炙りだんご、季節の上生菓子、ユズを使った「琥珀羹」、わらび餅、どら焼きなどが並んでいるにょ。他にも季節のお菓子がいろいろあるぞ。気さくな店主さんの妹さんが迎えてくれるにゃ。

自転車はお店の前か横に置くことが可能にゃ。車の場合は恐らく店横が駐車場だと思うんだけどにゃ〜、ちょっと不確定にゃ。最寄駅は秩父鉄道上熊谷駅にゃ。でも、熊谷駅からもそれほど遠くはないし、国道沿いに位置していてにゃ、目の前が「八木橋」さんなので迷うことは無いと思うにょ。

c0337875_23043833.jpg
さて、こちらは購入した「熊谷小麦まる」(どら焼き)と「水ようかん」だぞ。どら焼きは熊谷産小麦使用でにゃ、バナナピューレが入っているにょ。食感が生地がふわっとみっしりで良い香りで、バナナとあんこが一体となって夏にぴったりにゃ、おいしかったにゃ。「水ようかん」はみずみずしくってにゃ、スルッとした喉ごしと食感が最高にゃ。上品な甘さで小豆の豆の味がとっても美味にゃ。ぱんだ気に入っちゃったにょ。おいしかったにゃ〜。

c0337875_23050683.jpg
こちらは「炙りだんご」にゃ。「京風白みそ」と「いそべ焼き」だぞ。京風白みそダレはこの辺では珍しいにゃ。おだんごは一口サイズでやわらかな食感にゃ。とっても食べやすいにゃ。「いそべ焼き」もそうだけどにゃ、「京風白みそ」もやさしい上品なお味でにゃ、お茶請けとしてのんびりまったりしながら食べたいにゃ〜と思ったにょ。とってもおいしかったにゃ。

お店の方もとっても親切でやさしかったし、本格和菓子処ですが自転車でも来やすそうな敷居の低いお店にゃ。季節毎に色々なお菓子が並ぶのでにゃ、また訪問したいにゃ〜。楽しみにゃ〜。

9:30〜18:00、水曜定休。







[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-21 19:41 | おやつ(和、洋風和菓子) | Comments(4)

スイーツショップヨシダ

c0337875_22595961.jpg
ぱんだです。今回は「みやまぶっせ」を紹介するにゃ。前橋朝倉町の人気の洋菓子屋「スイーツショッップよしだ」さんの有名なお菓子にゃ。本当はお店へ立ち寄る予定だったんだけどにゃ、前橋駅構内の物産館「ヴェント前橋」(旧前橋物産館広瀬川)さんを覗いた時に「みやまぶっせ」を発見したにょ。なんだか雲行きも怪しくってにゃ、雨も降りそうだったんで今回はここで買うことにしたにょ。

「みやまぶっせ」はブッセ生地がふわっとしつつ、食感がサクッとしているにょ。アーモンドがふんわり香ってくるにょ。サンドしてあるみそクリームはなめらかでコクがあってにゃ、甘塩っぱさが病みつきになりそうでとってもおいしいにょ。いろいろ隠し味が入っているみたいでにゃ、それがいい感じのバランスになっているみたいにゃ。ちなみににゃ、「みやま」とは上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)のことだそうにゃ〜。みそ以外にもレモンやブルーベリーなどの味があるようにゃにょ。今度はお店に行って他の味も堪能せねば。

c0337875_21203411.jpg
「ヴェント前橋」さんは、広瀬川近くの染物工場で月一度開催されるカフェ「相川のれん珈琲店」さんに立ち寄った時に、ぱんだが「ころとん」(前橋市マスコットキャラ)が好きだと話していたら、ちょうどいらっしゃった「まえばしCITYエフエム」パーソナリティの方に、「ころとん」のグッズが売っているお店として物産館のリニューアル情報を教えていただいたのにゃ。バス案内所、観光案内所も併設しているぞ。ここに来れば前橋の名物がいろいろ揃っていて見て回るだけでもたのしいにょ。ワクワクしたにゃ〜。






[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-20 20:47 | おやつ(洋菓子) | Comments(0)

c0337875_23111140.jpg
高田川の川端橋から眺める妙義山。だいぶ山が近くなってきました。高田川沿いにはサイクリングロードがあります。でも県道側に標識がありません。なんで付けないんだろう。

c0337875_23113284.jpg
自転車道を妙義山に向かって走ります。

c0337875_23121252.jpg
自転車道はやがて農道と合流し、上信越自動車道の橋をくぐります。

c0337875_23124740.jpg
目の前には迫力ある山容が。とりあえず道の駅まで行ってみましょうということになりました。

c0337875_23131133.jpg
県道の横に旧道が残っていました。

c0337875_23133019.jpg
道標もあります。「向 右 一之宮富岡」「妙義山」「松井田横川」と記されています。

ここから「道の駅みょうぎ」までは約2.5キロ、キツい上り坂になります。

c0337875_23135098.jpg
ひたすら上って上って・・・ポタとしては史上稀にみるハードさです。

c0337875_23140605.jpg
やっと急坂を上り切りました。

c0337875_23142967.jpg
妙義神社の鳥居周辺にはお土産屋や飲食店が並びます。ここは妙義山への登山道入口でもあります。

c0337875_23144762.jpg
妙義神社参道。大きな濃い茶色の明神鳥居。

c0337875_23150655.jpg
妙義神社参拝の前にすぐ近くの「道の駅みょうぎ」さんへ向かいます。中之嶽神社に向かうこの道はサイクリストがとても多いです。ここは標高400mちょっと。中之嶽神社は標高700mちょっと。埼玉に例えますと奥武蔵グリーンラインといったところでしょうか。ちょうど良いヒルクライムコースのようです。

c0337875_23153375.jpg
道の駅の建物と周囲の景色。道の駅の上には日帰り温泉「もみじの湯」さんがあります。妙義山を眺めながら入ることができる良い温泉だそうですが、今入浴しちゃうと帰る気無くなっちゃうので(笑)。

c0337875_23155755.jpg
道の駅みょうぎさんにはうれしいことにサイクルラックがあります。でもサイクリストはたくさんやって来る。1基では足りません。

c0337875_23165163.jpg
はるか先には前橋や高崎方面の景色。ゆるポタ、一転。ノープランって怖い(笑)。

c0337875_23171143.jpg
坂を上ったご褒美にソフトクリームはお約束。みんなでいちごミックス。そういえば売店では「雹で傷ついた梅」が一袋なんと200円で売られていました。傷ついたといっても全然気にならないレベル。すごーく買っていきたかったけど、帰りの行程を考えて涙を飲みました。

c0337875_23173381.jpg
サイクルラックの舌のコンクリートの隙間から、白くて可憐なスミレ?の花が。

c0337875_23183423.jpg
ゆっくり休憩したのでいよいよ妙義神社へ徒歩で向かいます。
c0337875_23185420.jpg
両脇が石垣の雰囲気ある急な参道を上がっていきます。しだれ桜が咲く頃はとても見事だそうです。

c0337875_23193538.jpg
石段を上がって行くと立派な総門があります。

その4へ続きます・・・



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-18 23:20 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

ぜにや

c0337875_22555824.jpg
ぱんだです。前橋在住の方にシュークリームの美味しい洋菓子屋さんがあるというので行って来たにょ。「コンフェクショナリー・ぜにや」さんにゃ。場所は前橋市文京町にゃ。利根川自転車道から南部大橋を渡ってまっすぐ、二子山古墳の手前にあるにょ。お隣はフライングガーデンさんぞ。

c0337875_22562237.jpg
ひと目見ただけでは洋菓子屋さんと気付かないコンクリート打ち抜きの外観にゃにょ。一瞬、違うお店なのかと思っちゃったぞ。幟旗やポスターなども特に無くシンプルなのでにゃ、見落とさないよう、ご注意ぞ。店内に入ると目の前にショーケースがあってにゃ、左にイートインスペースがあるにょ。なのでにゃ、ケーキセットなどをいただいていくことも可能にゃ。

c0337875_22563830.jpg
購入したシュークリームを近くの二子山古墳公園でいただくことにしたにゃ。こんなかわいいチェックの袋に入れてもらえるにょ。ふふ、楽しみだにゃ〜。左は前橋駅内「ヴェント前橋」さんで買った前橋の天然水にゃ。一緒にいただくにゃ。

c0337875_22570566.jpg
シュークリーム、シュークリーム、うれしいにゃ〜。シュークリームの大きさは普通だ思うにゃ。シュー生地は厚くってにゃ、サクサクの食感で香りが良いにょ。ガブっとかじりつくと中からクリームがトロッとたっぷり溢れて来てにゃ、お口いっぱいに広がるにょ。ミルク感があってにゃ、生クリームのコクとカスタードクリームの甘さが合わさったようなお味にゃ。とっても、おいしかったにょ。ぱんだ気に入っちゃったにゃ。今度、行く時には店内でケーキセットを頼みたいにゃ。今からたのしみにゃ〜。

10:00〜20:00、月曜定休。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-18 22:57 | おやつ(洋菓子) | Comments(0)

政次郎のパン 9

c0337875_22502328.jpg
前橋六供町、前橋工科大近くにある群馬屈指の人気のベーカリー「政次郎のパン」さんに立ち寄って昼食用のパンを。サイクルスタンドがあるので自転車で立ち寄りやすいです。店内はお客さんでぎゅうぎゅう、パンはどんどん焼かれて並ぶのですが、すぐに買われて品薄状態。

c0337875_22511268.jpg
今まで駐車場の問題がいろいろありましたが、遂にすぐ近くに新しい駐車場ができましたー。これで車でもだいぶ買いに来やすくなると思います。

c0337875_22520694.jpg
今回は「パニーニベーコン」「ロースハムクロワッサンサンド」「まる」「トルティーヤウインナー」とドイツの菓子パン(右上)、とアーモンドザクザクのお菓子パン。パンの名前は舌を噛みそうなのが多くてなかなか覚えられません。「まる」はシャキッとしたキャベツとほくほくじゃがいもとアンチョビペーストがしっかり入っていて美味しい。政次郎さんのパンはそれぞれのパンのバランスとアクセントが絶妙で、例えば「カレーパン食べたい」と思ってそれを食べると、その欲求をちゃんと満たしてくれるところが魅力なのです。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-06-18 22:52 | パン、ピザ、パスタ(群馬・長野) | Comments(4)