秋の夕暮れ里山ライド

c0337875_22321550.jpg
この日は風が強いものの朝から晴れていい天気。ウチの近くも多くのサイクリストが行き交います。でも・・・午前中は地域のお仕事、そして午後は冬タイヤ換装、ぱんだの買い物の付き合い・・・で、あっという間に夕方。

でも、せっかくの日曜日、ちょっとは山を走りたい。日の入りまではあと30分ある・・・時間が無くて走れないは言い訳。ということで走ってきました。

c0337875_22331210.jpg
急坂を上ると山の中。風も無く、暖かです。落ち葉サクサクです。

c0337875_22333358.jpg
沈みかけた太陽が色付いた木々を照らしています。

c0337875_22335397.jpg
今日の相棒はフルサス。前後サスペンションのオーバーホールやリンクの手入れなど、とかくメンテが面倒で維持費もかさむフルサスですが、腰に優しく体への負担も少ないので1台はあってもいいかなと思う。

c0337875_22341722.jpg
台風の影響や道普請がまだなので道は荒れ気味。

c0337875_22343923.jpg
お、枝も片付けられて走りやすい道になりました。整備している方に感謝です。

c0337875_22350016.jpg
サドルはAVOCET O2。一時すごく流行りましたよねー。実際いいサドルでした。ボロくなってもへたれてもなかなか替えられないのがサドルです。

c0337875_22352093.jpg
日が沈む前に山から出てきました。ちょっとでも走ることができればいい汗かけて気持ちいいです。




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-20 22:35 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

予報は雨でも越生ポタ

c0337875_20314807.jpg
朝からどんより曇り空、予報は昼前から雨・・・しかし天気図を見ると日本海に前線を伴って発達しながら進む低気圧、はるか南岸にももう一つ低気圧・・・このパターンは埼玉県の中部は雨がほとんど降らないことが多いんですよね、西にそびえる山々に雨雲が阻まれて。降ってもおそらく川越市やさいたま市まで。

ということで降る降る詐欺には惑わされず、午前中に越生方面へ走ります。走行時期は11月中旬。写真は都幾川の河岸段丘。真冬のように寒いです。

c0337875_20320589.jpg
亀ノ沢窯跡群、いつもと逆から。里山の中の未舗装路を走るとすぐに体が温まります。

c0337875_20322143.jpg
畑の中の旧道。路面はドライ。でも雨がポツポツと。まあ、本降りになることはないでしょう。降っても一時的。

c0337875_20323991.jpg
谷津の未舗装路。

c0337875_20325529.jpg
きれいに手入れされた植林地帯。

c0337875_20331047.jpg
お寺へ向かおうとしたら・・・あ、道間違えた。

c0337875_20332591.jpg
お堂のある小径。

c0337875_20334188.jpg
藤屋とうふさんの近くの新しい道。まだ工事中。

c0337875_20340303.jpg
弘法山と周囲の景色。曇っていたので朝の冷え込みは弱かったものの、気温は4℃、寒い。

c0337875_20342931.jpg
いつものように弘法山南麓にあるパン屋「シロクマ」さんで休憩、牛乳クリームパンと梅ホットで癒されるひととき(記事はこちら)。

c0337875_20344822.jpg
ということで今日は弘法山に上ります。とは言っても頂上までではなく、中腹の弁天様までです。ここはイチョウが見事なのです。

c0337875_20350670.jpg
コンクリート舗装はここまで。あとは石段。しかしMTBやシクロクロスでしたらもう少し上まで行けます。

c0337875_20352372.jpg
おお、かなり色付いてますね。

c0337875_20354340.jpg
参道は跨げないので、自転車はここまで。参道の先は児童公園になってます。

c0337875_20360875.jpg
モミジの赤と黄金のイチョウのコントラストが鮮やかです。

c0337875_20362720.jpg
ここはもうすぐ黄金のじゅうたんになります。

c0337875_20365667.jpg
ギンナンはすでに落ちていなかったです。

c0337875_20371534.jpg
紅葉を愛でた後は、土曜日営業が始まった「釜久米菓」さんへ向かいます。途中のモミジバフウは紅葉の見頃が過ぎていました。

c0337875_20373201.jpg
せっかくなので未舗装路で行きます。奥の建物が釜久さんです。

c0337875_20375475.jpg
ここから眺める里山風景はお気に入り。

c0337875_20381275.jpg
サドルはロンディネ。ふかふかで座り心地がいいのですが、コシが無いので名前に反して(笑)100キロ以上の長距離は苦手(個人の感想です)。でもポタにはぴったり。

c0337875_20383430.jpg
釜久さんの下にある外出沼。

c0337875_20385828.jpg
釜久さんに到着〜。とりあえず積載量限界まで買い込みました(記事はこちら)。

c0337875_20394531.jpg
この時期はあちこちの田んぼで野焼きが行なわれています(農地でのワラの焼却は野焼き禁止の適用除外で違反ではありません)。

c0337875_20401634.jpg

結局この日雨はほとんど降らず。どんより天気で真冬のように寒かったですが、風も無くて走りやすかったですね。今年は冬の訪れが早いのかな。




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-20 20:40 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

前橋・朝ライド 2

c0337875_21054857.jpg
11月は群馬滞在が多い。この日も所用で前橋。朝と夕方だけ走ります。走行時期は11月上旬です。

写真は天狗岩用水。水が流れていません。そして今回も利根川自転車道が増水のため勝山城址〜大渡橋間が通行止め(11月11日現在、通行止めは解除され、通れるようになっています)。ということで中央大橋までは一般道を走ります。

c0337875_21060973.jpg
総社付近は道が入り組んでいて複雑なのですが、2回目なので慣れました。五千石用水沿いに何やら塚があるので立ち寄ってみます。鳥居が見えます。神社のようです。

c0337875_21064837.jpg
西側に鳥居があります。案内によりますと「熊谷稲荷神社」と記されています。

c0337875_21074243.jpg
近くには周辺地図のプレートがあります。ここから南東すぐのところに総社城址、そしてさらに行くと前回見学した遠見山古墳が並ぶようにあります。

c0337875_21090262.jpg
こちらの熊谷稲荷神社のある塚、すごいのは庚申塔の数。斜面にある石はすべて庚申塔です。

c0337875_21092272.jpg
こちらの面も。下の石垣は分かりませんが、上の二列はすべて庚申塔です。

c0337875_21094133.jpg
そして社殿の裏にも庚申塔が並んでいます。

c0337875_21104054.jpg
塚の上には社殿と絵馬掛け、そして数々の石塔や石仏が鎮座しています。

c0337875_21111475.jpg
社殿はいかにもお稲荷様といった方健造。案内によりますと重税に苦しむ農民の難儀を救った神社とのことです。

c0337875_21124774.jpg
扉の上には法輪や三つ巴が。

c0337875_21130823.jpg
彩色が鮮やかで独特。

c0337875_21143126.jpg
真ん中に衣笠大神、右に水天宮、左に庚申塔。そして猿田彦大神も。衣笠大神は養蚕の神様で、この付近は養蚕が盛んで桑畑が多かったのでしょう。

c0337875_21145788.jpg
そしてそのお隣にはお地蔵さん。

c0337875_21151650.jpg
ちょっと逆光ですが、五千石用水側には馬頭観音。

c0337875_21154972.jpg
庚申塔と青面金剛塔。

c0337875_21163794.jpg
今回は時間がなくて年代などは全然調べられませんでした。

c0337875_21180907.jpg
こちらが五千石用水。コンクリで固められています。

さて、この日は六供町の政次郎のパンさんに立ち寄るため南部大橋を目指します。一般道で中央大橋まで行き、そこから自転車道に入って南部大橋へ向かいます。で、大渡橋西詰の交差点を渡ろうとしたのですが・・・スピードを出して曲がってくる右折車両で渡ることができません。自転車がいるのに警察車両ですら止まりません。しかもここは2車線で曲がってくるので大変です。ですのでぶつかるの覚悟で中指を突き立てながら強引に渡りました。さすが群馬。

c0337875_21182979.jpg
無事、利根川自転車道に入ります。前橋らしい写真も一枚。利根川と群馬大橋と県庁。

c0337875_21195139.jpg
南部大橋から眺める利根川の流れ。

c0337875_21190084.jpg
政次郎のパンさんに到着〜。こちらのパンをいただくのが前橋でのお楽しみ(記事はこちら)。

c0337875_21192348.jpg
桃井橋から見る広瀬川と中央前橋駅。

c0337875_21203307.jpg
広瀬川沿いのケヤキもだいぶ色付いてきました。

朝ライドはここまで。

c0337875_18051144.jpg
おまけ夜ライド

ものすごい北風の中(赤城おろしではない)、夕食は旭川らーめん「かじべえ」さんで。開店一番に入店。その後10分もしないうちに外待ちも発生する盛況ぶり。疲れが取れる染み渡る一杯を堪能(記事はこちら)。

c0337875_21205422.jpg
夜の弁天通商店街。イベントも終わったので静か。ここでvalo kioskiさんに立ち寄ってのんびりするのが最近の定番でしたが、ちょっと業態が変わってバーのようになって、気軽にコーヒーと軽食という雰囲気ではなくなってしまった。今は若い男性が切り盛りしています。ま、でもそのうち立ち寄ってみます。ちなみに村長さんとおばちゃんはすぐ近くの「弁天村」を切り盛りされているそうですのでご安心を。

c0337875_21211816.jpg
中央大橋から眺める県庁と「さちの池」。さちの池は元々、利根川の遊水池だったそうです。

帰りは強い北風向かい風の中、利根川自転車道を北上します。途中、ちょっと遅めのロード乗りが前を走っていたので「右、抜きまーす」と言って抜こうとすると思い切りブロックされる。なので左から抜こうとするとまたブロックしてくる。何度かそんなやり取りをした後、明らかな敵意を感じたので、頭に来て強引に右から抜き去る。するとメガネブタみたいなヤツがすごい形相で追いかけてきます・・・私は普段はブロックタイヤのMTBでロードを追い抜いたりはしません。ローディのプライドを傷つけてしまうからです。スピードを落としてどんどん抜いていってもらいます。しかし、こういったバカは別です。さんざん弄んだ後、「負け犬くん、今日は調子悪いのかな、本当はこんなもんじゃないんだろう?」と言ってやってギアを上げてちぎりました、痛快です(笑)

c0337875_21214085.jpg
前橋方面に来た時は昼夜問わず、道の駅よしおか温泉さんでひとっ風呂浴びていきます。利根川自転車道に隣接していて400円で設備充実。ポイントもすぐに貯まって1回入浴無料になります。露天も広くてゆったり、長湯に向いた温度でリラックスできます。


[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-19 15:22 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(2)

c0337875_23581654.jpg
前橋の赤城山麓にある霧下そばのお店「しなの」さんで(記事はこちら)、お客さんに近くの中丿沢美術館の館主さんという方がいらっしゃった。じゃあ、食後にちょっと立ち寄ってみますか、ということで雨の美術館にやってきました。こんなところに美術館があったんだ・・・けっこう分かりにくい奥にあるのに車がたくさん留まってます。

c0337875_23585797.jpg
美術品を一通り観賞して、おみやげやカフェスペースなどがあるエリアに立ち寄ると、その一角に明らかに美味しそうな焼き菓子を並べている方がいらっしゃる。お店の名前をお尋ねしてショップカードをいただくと、そこには「TOMIZAWA」さんの文字が。ん、どこかでお聞きしたことがあるお名前・・・そうだ、「相川のれん珈琲店」さんに時々出店されて人気でいつも早い時間に完売の、あのTOMIZAWAさんだ。思わぬところで巡り会いました。

今回はりんごタルト、ビスコッティ、レモンシフォン、かぼちゃシフォンなどを買いました。お菓子はどれも絶品で、本当にこのお値段でいいのか、と思ってしまうものばかり。とにかく素材の良さがすごく出ていて、手間をかけた正直な美味しさ。食感も素晴らしく、しあわせな気分に浸れます。

お店は高崎市金古町(旧群馬町)にあって、木・金のみオープンで11時〜16時なのでなかなか行くことはできませんが、11月26日(日)には中丿沢美術館さんに出店予定、そして相川のれん珈琲店さんにも今後出店されることがあるとのことですので、イベント出店が狙い目です。


[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-19 13:07 | おやつ(洋菓子) | Comments(0)

Coruri(コルリ) 12

c0337875_00504984.jpg
軽井沢本通り、店主さんは元新聞記者という異色の経歴、他にはない独創的なお菓子が並ぶ、マカロンが得意なお店「コルリ」さんに立ち寄ります。お店の前にはMTBがあります。店主さんのだそうです。

c0337875_00522436.jpg
この日は焼き菓子中心に購入。ハロウィンが近かったので、それらしきクッキーもありました。マカロンは音楽バージョン。りんごのクランブルはザクザクじゅんわりで美味しいです。そしてコルリさんの定番「コルリのきほん」はシンプルでコルリさんの良さが表れているサブレです。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-19 00:52 | おやつ(洋菓子) | Comments(0)

パン工房 シロクマ 79

c0337875_20200703.jpg
11月に入って初めての土曜日埼玉走り(笑)、でも天気予報は雨、重い雲がどんより・・・しかし、今回のパターンで低気圧が進んでくる時、埼玉中部では雨はほとんど降りません。降っても一時的。アルプスや秩父山地などの山々がブロックしてくれるのです。ということで自信をもって雨具も持たずに越生方面へ走りに。立ち寄るのはいつもの「シロクマ」さん。

c0337875_20202566.jpg
さすがにこんな天気なので自転車はあまり来ません。けっこう走っている人は見かけるのですが、雨が降るまでに走り切ろうとするのか、どこかに立ち寄ろうとする余裕はないのでしょう。

c0337875_20204435.jpg
待望のホット梅ドリンクが登場です(撮影許可いただいてます)。これを待っていたんですよ〜。

c0337875_20211651.jpg
ホット梅ドリンクはセルフでお湯を注ぎますので自分で濃さの調整ができます。いや〜、温まりますし喉に優しくて美味しい。今回は「明太ポテト」「ジャーマンポテト」「しあわせのビーフカレー」などなど。梅ドリンク横の「牛乳クリーム」だけイートインスペースでいただき、あとは昼食用にお持ち帰り。

c0337875_20231979.jpg
牛乳クリーム、アップ。ふんわりしっとり優しい生地にコクのあるクリームがよく合う逸品。

c0337875_20220036.jpg
カフェスペースからの眺め。越辺川沿いの紅葉がきれいです。

c0337875_20385639.jpg
おまけ:シロクマさんのすぐ裏の弘法山の紅葉。今が見頃です。





[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-18 20:23 | パンピザパスタ(埼玉・東京) | Comments(2)

釜久米菓 工場直売 5

c0337875_19514079.jpg
越生町の六地蔵峠近くにある「まさご」で有名な「釜久米菓」さんの工場直売所に久し振りに立ち寄ります。以前は土日がお休みでなかなか立ち寄ることができなかったのですが・・・

c0337875_19520325.jpg
10月14日から土曜日営業が始まりました〜。買いやすくなりました。

c0337875_19522383.jpg
今回は「まさご」小袋20袋、「うにせんべい」、「堅揚げせん久助」。本当はもっと買いたいですけど、自転車なので積載能力の関係でこれくらいが限界。もちろん直売価格で、うにせんべいはこの大きさの袋で130円、久助は190円、まさご20袋は390円と、かなりお買い得。そしてもちろん美味しい。濃いめの味付けなので満足感があります。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-18 20:00 | おやつ(スナック、煎餅) | Comments(0)

市野川上流ポタ 2

c0337875_00202696.jpg
大豆畑の中の道をのんびりと走ります。

c0337875_00210364.jpg
道沿いにはなぜかトレニアの花が。周囲はセイタカアワダチソウとアザミくらいしか咲いていないので目立ちます。

c0337875_00234586.jpg
奈良梨の自販機でちょいと休憩。ドリンクの写真を撮ろうとしても奥の有村さんにピントが合ってしまって・・・可愛過ぎるから、いや、顔認識機能が働いて、やっと撮れました。ほうじ茶ラテとピーチネクター。

c0337875_00243484.jpg
八和田神社の参道のイチョウの木がちょうど色付いていました。

c0337875_00250062.jpg
神社の前には元々は市野川の三日月湖だったと思われる池があります。

c0337875_00262433.jpg
八和田神社はきっと八幡神社なのだろうと思いきや、元々は諏訪神社で、昔、周辺の八つの村が合併して、その時の村社になったので八和田神社になったとのこと。

c0337875_00272325.jpg
拝殿、正面から。鎮守の森に囲まれています。

c0337875_00274283.jpg
斜めから。奥には立派な本殿があります。

c0337875_00283152.jpg
唐破風付きの彫刻が施された向拝。龍、獅子、鳳凰などが彫られています。

c0337875_00284831.jpg
そして狛犬はどっしりとボリュームある体型。目、鼻、口が大きいです。こちらは阿形。

c0337875_00292383.jpg
口は半開き、犬歯が目立ちます。


c0337875_00294291.jpg
そして吽形。構え型です。右前脚下に牡丹らしきものが彫られていて、獅子に牡丹になってます。

c0337875_00300120.jpg
ちょいと愛嬌があります。鼻の下がバカボンパパみたいです。

c0337875_00310597.jpg
社殿の隣にある大きな杉の木「逆さ杉」です。

c0337875_00312565.jpg
1590年に信州諏訪から投げた杉がこの地に刺さったとの言い伝えがあるそうです。

c0337875_00314051.jpg
というようなことがすぐ近くにある案内に記されています。

c0337875_00321667.jpg
社殿と逆さ杉。

c0337875_00324307.jpg
だいぶ日が傾いて影が長くなってきました。秋の日はつるべ落としだ。

c0337875_00330514.jpg
谷津の山に日が落ちます。

c0337875_00334463.jpg
途中、野生?の小さい柿がたくさん実ってました。

c0337875_00352051.jpg
そしてユズ。これは植えられているものです。

c0337875_00360915.jpg
もうすぐ落ち葉サクサクの季節。

c0337875_00363189.jpg
次の日はスリーデーマーチのコースになっているので至る所に案内がありました。いつもならどこに逃げようか考えるところですが、今年は群馬でお仕事なので大丈夫(笑)。

気持ちよい秋空の中、里山の秋を堪能しました。




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-18 17:22 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(2)

市野川上流ポタ 1

c0337875_21210980.jpg
文化の日、最初は雨予報でしたが朝から晴れ・・・うれしい、じゃあ走ろう。スリーデーマーチが開催されているので、それを避けるように小川町から寄居町の市野川沿いを走ることにしました。

欄干の低い新田前橋から下流方面。穏やかです。


c0337875_22134903.jpg
右岸の未舗装路。写真右上付近は関越道嵐山PA(下り)。

c0337875_22140649.jpg
今度は左岸。市野川沿いはフラットな未舗装路がたくさんあります。

c0337875_22143079.jpg
丘を上って下って・・・

c0337875_22144938.jpg
里山集落の中の風情ある道。

c0337875_22150887.jpg
シングルトラックなどはありませんが、MTBやシクロクロスの足慣らしにはいいところです。

c0337875_22155727.jpg
そんなお店があるとは思えないこのエリアには、自転車で立ち寄りやすいお店がいくつも点在します。こちらもそのひとつ・・・

c0337875_22161582.jpg
石釜ピザやパスタのお店「たんぽぽ」さんで遅いランチ。大きめマルゲリータとポークジンジャーを堪能(記事はこちら)。

c0337875_22163676.jpg
15時ちょっとでこんなに日が傾くようになりました。秋ですねー。

c0337875_22171934.jpg
稲刈りの終わった田んぼと高見城址のある四津山。

c0337875_22173958.jpg
ガードレールが無くて気持ちいい。

c0337875_22192985.jpg
秋の雲は表情豊かで面白い。

c0337875_22195450.jpg

c0337875_22201868.jpg
三本の柿の木。葉はほとんど落ちて実だけになっていました。その実も一週間後には全部無くなっていました。

c0337875_22205045.jpg
柿と秋の空。

c0337875_22213705.jpg
谷津の道。

c0337875_22220380.jpg
道沿いのところどころには真っ赤になったカラスウリの実が。

c0337875_22222600.jpg
実のすぐそばにカマキリの巣があります。カマキリの巣の地表からの位置より下がその年降る積雪量なんてことを言ったりしますが、本当かどうか分かりません。この巣の位置からしますと・・・1m以上にはならないようです(笑)

c0337875_22224319.jpg

c0337875_22225899.jpg

c0337875_22232546.jpg
まだ落ち葉サクサクとまではいきませんが、少しずつ落ち葉も増えてきました。

c0337875_22235824.jpg
下草も無く、見通しも良く。

c0337875_22241713.jpg
走ることができる道が多くなってきて、コース取りが楽しい。

c0337875_22244271.jpg
その2へ続きます・・・




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-17 20:06 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

おむすびのマム 2


c0337875_19191111.jpg
この日は前橋滞在。お昼休みに自転車で抜け出して、懐かし遊園地「るなぱあく」さんへ。お目当ては汽車やカートが走るNew Yard内にあるおむすび屋「マム」さん。ちなみに遊園地への入場は無料です(前回の記事はこちら)。

c0337875_19192788.jpg
お店のあるコンテナには前回は無かった大きなおむすびのバナーが。こちらのおむすび、お店の監修は和食の名店「むくび」さん、お米は「平野屋米穀店」さんの前橋産、海苔は「鳥山海苔店」さん製などなど、全て前橋に関わるものでできています。そして嵐山町の「カフェわ」さんとも関わりがあります。

かなり人気で、買うまでに10分ちょっと並びました。お店の方は私のことを覚えていて下さいました。うれしいですね。

c0337875_19201782.jpg
今回は「うめむすび」「おかかむすび」、そして季節限定「秋むすび」にしました。マムさんのおむすびは小ぶりです。これは子どもがたくさん集まる場所だからこそのサイズだと思います。小さな子どもでも1個を無理なく食べ切ることができる大きさというのが素敵です。

c0337875_19203420.jpg
るなぱあくのテラスやイートインスペースのあるコンテナは混んでいたので、すぐ近くの広瀬川のベンチでいただきます。

こちら季節限定「秋むすび」です。きのことサツマイモが入ったおむすびです。お米はふんわり、そして粒が立ってます。秋の味覚がとてもバランスよく入って、優しく滋味深いお味です。

c0337875_19205585.jpg
定番「うめむすび」。とにかくお米が美味しいし、海苔や具とのバランスがどれも素晴らしいです。人気も納得です。買った時はほんのり温かかったのですが、冷めても食感はそのまま。大人なら5〜6個いけます。いろいろな味を楽しめます。





[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-16 19:21 | 弁当、軽食 | Comments(0)

前橋・朝ライド

c0337875_22573836.jpg
暦は3連休でしたが、所用で前橋。せめて朝夕だけでも自転車で走ります。道の駅よしおか温泉さん前の利根川自転車道からスタート。前渋バイパスの新坂東橋の下から眺める赤城山。

寒冷前線が通過する前なので暖かく穏やか。

c0337875_22575692.jpg
思いのほか自転車日和で快適。でも自転車全然走ってないなあ。

c0337875_22581708.jpg
ここは天狗岩用水から離れ、勝山城址を横目に見ながら利根川の流れのすぐ近くを走ることができるところですが・・・

c0337875_22583300.jpg
あらら、ゲートが。

c0337875_22585142.jpg
えー、まだ通れないのー。10月のW台風の影響で道が水を被ってしまったとのことです(11月11日現在、通行止めは解除され、通行できるようになっています)。坂東太郎、暴れてしまったのね。

しゃあない、ここで自転車道から外れ、大渡橋まで複雑な総社の路地を走りますか。

c0337875_22592524.jpg
勝山城址付近から眺める赤城山。

c0337875_22594419.jpg
路地を走っていると住宅街の中に緑の大きな丘があるので近くまで行ってみます。

c0337875_23000904.jpg
あ、ここ来たことある(笑)。遠見山古墳です。案内によりますと6世紀初期に造られたものだそうです。総社城築城の時に遠見のための櫓が設置されたことからこの名が付いたそうな。

c0337875_23002403.jpg
大渡橋から見る大渡自動車学校。写真右の松並木が利根川自転車道のあるところ。

c0337875_23004326.jpg
大渡橋と敷島公園の歴史が記されたプレート。写真右上が敷島公園。ザスパ・・・

c0337875_23010014.jpg
利根川の流れ。だいぶ水位は下がっています。

c0337875_23011736.jpg
前橋市内は自転車歩行者用の標識が要所にあって分かりやすいです。

c0337875_23015611.jpg
東部BPへ向かう県道6号線沿いにある岩神稲荷神社。「飛石稲荷」とも「岩神の飛石」とも言われ、大きな岩が社殿の裏にあります。これは赤城山の大噴火で飛んできた・・・のではなく、2万4千年前の浅間山の噴火崩落の時の岩石がここまで流れ着いたものだそうです。

c0337875_23021294.jpg
こんな大きな岩が約50キロの距離を流れて来たなんてにわかには信じ難い話です。社殿の横のイチョウが色付き始めていました。

c0337875_23031857.jpg
この巨岩は街の中にあるので、よけいに目立ちます。ノミを入れると祟りがあるので、このままの姿で残ったのだそう。時間のある時にまたゆっくり見に来よう。

c0337875_23034553.jpg
朝の比刀根橋と弁天通商店街入口。

c0337875_23040645.jpg
朝食は楽しいサンドウィッチが並ぶ「はとぽ」さんのイートインスペースで。タンドリーチキン前橋野菜サンドと時価のシャインマスカットサンドを美味しくいただきました(記事はこちら)。

朝の自転車タイムはここまで。あとは夕方まで大人しくしてます(笑)。




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-15 22:33 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

c0337875_19553397.jpg
小川町の郊外、四津山近くの丘の上、養蚕農家の建物、熊谷うどんの「高見屋」さんで久し振りに昼食。平日の14時過ぎだったので貸切状態でゆっくりできました。でもお目当ての鴨汁はすでにありませんでした。

c0337875_19560104.jpg
この日の小鉢は豚バラ肉のピリ辛炒め。ご飯が欲しくなります。

c0337875_19562433.jpg
今回は肉汁うどんにしました。展望席でいただきます。茹でたて提供なので15分ちょっと待ちました。うどんは冷と温が選べます。冷にしました。つけ汁は温です。

c0337875_19565869.jpg
高見屋さんの肉汁は普通の肉汁とは違って、ピリ辛の豚バラが入った、ちょっと変わったつけ汁です。

c0337875_19571536.jpg
肉汁、アップ。ピリ辛ですけど刺すような辛さではなく、丸みのある甘さのある辛さです。濃いめでちょいと南蛮味噌風。うどんにもしっかり絡んで美味しいです。

c0337875_19572844.jpg
うどんは初期のワイルドな感じから、むちっとした強さと優しさを兼ね備えた麺になっています。初期のファンにはちょっと物足りないかも知れませんが、こちらも大変美味しいうどんです。

c0337875_19574749.jpg
別注で食後にコーヒー、まったりしました。

高見屋さんのオリジナルの肉汁はとても美味しいですが、できればこのうどんを通常のこの地域の肉汁でも味わってみたいなあ、とも思います。そう思っている方、けっこう多いんじゃないかな。

c0337875_19584695.jpg
お店の前の道。畑が広がる見通しの良い景色です。





[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-14 19:57 | うどん、そば、その他麺類 | Comments(2)

廃集落を走る

c0337875_19223491.jpg
11月に入ってだいぶ冷え込んで、朝は霜も降りました。下草もだいぶ少なくなってきたので、そろそろトレイルライドのシーズン。今回は里山の中に埋もれた廃集落を走ります。

入ってすぐに廃屋があります。周囲は鬱蒼として薄暗いです。

c0337875_19225728.jpg
ブロック塀が傾いてます。ここには家屋などが数件あったようです。

c0337875_19232447.jpg
恐らく30〜40年くらい前までは人が住んでいたと思われます。

c0337875_19234942.jpg
竹林の中の道は思いのほかきれい。

c0337875_19241858.jpg
道にはイノシシが鼻で掘った跡がたくさんあります。

c0337875_19251648.jpg
少し奥まで進むと、何件か廃屋が残っています。

c0337875_19253900.jpg
廃屋の前にはガラス瓶が散乱しています。

c0337875_19260239.jpg
ここはたぶん駐車場だったところ。今となっては木々が茂りここまで車は入って来れません。

c0337875_19264241.jpg
道沿いには二十二夜待供養塔がありました。文化8年辛未(かのとひつじ)二月吉日とあります。

c0337875_19270574.jpg
シュロが均等に植えられています。ここにも以前は家屋があったのでしょう。

c0337875_19274976.jpg
道と廃屋の間にあるコンクリートの水槽?防火水槽にしては浅いし、何のためだろう。道の反対側には井戸が二つあります。

c0337875_19280884.jpg
廃屋はどこも土壁で、だいぶ崩れてしまってます。

c0337875_19290891.jpg
道はきれいな掘割を維持しながら奥に続いています。

c0337875_19292870.jpg
倒木の近くに祠があります。ここは以前も来たことがありますが、今回も何の祠かは分かりませんでした。

c0337875_19295247.jpg
祠も土壁です。扉は鍵がかかっていて開きません。鍵は腐食して鍵穴は埋まっています。

c0337875_19301205.jpg
祠から見下ろす掘割の道。昔は人の往来も多かったことでしょう。

c0337875_19304966.jpg
道は途中薮になりながら送電塔で終わっていました。途中、巡視路表示はありませんでしたが、きっと巡視路としても機能しているのでしょう。

c0337875_19310859.jpg
さて、戻ります。枝がうるさくてなかなかスムースに下らせてもらえません。

c0337875_19312646.jpg
やっといい道。

c0337875_19314782.jpg
この付近は道が深い。

c0337875_19320682.jpg
竹林の中の掘割は往々にしてこんな感じになります。人が入らないとあっという間に埋もれて荒れていきます。


[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-14 19:32 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

c0337875_23411438.jpg

猿ヶ京温泉「まんてん星の湯(民話と紙芝居の家、三国館)」さんにて。





[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-13 23:44 | 自転車のある風景 | Comments(0)

c0337875_17552639.jpg
四天王門をくぐると、右に鐘楼がありますが、そちらは進入ご遠慮下さいとの立て札あり。左の石段を上がると薬師堂があります。

c0337875_17564139.jpg
こちらが薬師堂。「加田のお薬師様」と呼ばれています。眼病に霊験あらたかで「目の薬師様」とも呼ばれています(詳しくは前回の記事「滑川神社巡りポタ2」をご参照下さい)。

c0337875_17570722.jpg
大きくせり出した唐破風の向拝(ごはい)は迫力あります。

c0337875_17572642.jpg
そして向拝の格天井(ごうてんじょう)には見事な花鳥図。如来は十二神将を携えているため、軒には十二支が懸けられていて、時間と方角が分かります。

c0337875_17575622.jpg
右は慶徳寺、左は伊古沼へ続く道。その分岐には祠があります。

c0337875_17582849.jpg
不動明王のようです(ぱんだ監修)。お供えがたくさんあり、今も地域で大切にされています。

c0337875_17585533.jpg
天気大丈夫そうなのでもうちょっと走りましょう。

c0337875_17595351.jpg
雨乞いの沼、両頭庵沼。しかし今は西◯系のゴルフ場の柵内で見ることができません。ったく、早くこんなゴルフ場無くなっちゃえばいいのに。ゴルファーの車は態度がでかくてマナーも悪いし。ゴルフはマナーのスポーツなのに。

c0337875_18001483.jpg
最近は収穫しないままの柿が目立ちますね。

c0337875_18010999.jpg
白コスモス。

c0337875_18012616.jpg
石垣の旧道。

c0337875_18020626.jpg
山の中の直線の道。おや、右側に塚のようなものが。行ってみます。

c0337875_18024110.jpg
近くまで寄ると確かに塚か古墳ですが、調べても資料が見つからなくて分かりません。場所は滑川町中尾です。

c0337875_18032411.jpg
円墳なのか塚なのか、石室などは見当たりません。大きな樹が2本伸びてます。エノキではなさそう。アラカシかな。

c0337875_18035969.jpg
根元には祠もありました。

c0337875_18043760.jpg
舗装路ですが交通量が極端に少ないのか、道の真ん中に砂利が集まり草が生えてます。

c0337875_18050070.jpg
やがて道は未舗装路に。この木は桐。

c0337875_18052830.jpg
そして薮の中。これ以上は進めず。

c0337875_18055562.jpg
山から下りると雷電神社。

c0337875_18061446.jpg
キノコがたくさん生えている場所がありました。何かの死体が埋まっているとその形にキノコが・・・なんて怖い話を聞いたことがあります。本当かどうか分かりませんが。

c0337875_18091123.jpg
宮前小学校の下には石造りの倉庫?が。



c0337875_18093002.jpg
宮前の「宮」のマークがあります。

c0337875_18095184.jpg
遠くからでも目立つ配水場。

c0337875_18101405.jpg
赤く染まったコキア。

c0337875_18103203.jpg
市野川右岸の道。草刈りされて走りやすくなっていました。

c0337875_18111680.jpg
走り終える頃になって、ようやく西の空から太陽が出てきました。遅いって!

まあでも雨で走るのは無理だろうと思っていたので少しでも走ることができて良かったです。




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-11-13 18:11 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)