「ほっ」と。キャンペーン

c0337875_21535505.jpg
嵐山町の「勝田うめの里」、2月26日現在、かなり見頃となってきました。3〜5分咲きといったところです。

c0337875_21550567.jpg
ここは丘の上にあるので眺めが良く、そして静かな梅見が楽しめます。旧道が梅林を貫いていますので、庚申塔や馬頭観世音などの石碑石塔が点在します。

c0337875_21555227.jpg

c0337875_21563935.jpg

c0337875_21583047.jpg
ここは自転車練の人が多く行き交う農道がすぐ近くを通り、花見台工業団地へ向かう道沿いでもあります。休憩がてらに立ち寄れば癒されますよ。


[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-26 22:10 | いきものばんざい! | Comments(0)

c0337875_20512091.jpg
梅の花に囲まれた道。

c0337875_20545791.jpg
こんなに咲いている木もあります。


c0337875_20565352.jpg
梅と一緒に展望もあるのがいいですね。

c0337875_20581556.jpg
「折原歴史かるた」には「中間に 梅林の里 開拓史」。

c0337875_20584662.jpg


c0337875_21001136.jpg


c0337875_21002870.jpg

c0337875_21005468.jpg


c0337875_21020146.jpg


c0337875_21022093.jpg


c0337875_21031288.jpg
中間平の展望台が見えてきました。ここには中間平緑地公園と駐車場があります。

c0337875_21034769.jpg
展望所に到着、ここは夜景の名所でもあります。

c0337875_21045261.jpg
展望所から関東平野の眺め。

c0337875_21051774.jpg
展望所の下に梅林が広がっています。もう少ししたら梅の花で埋め尽くされるでしょう。

c0337875_21053671.jpg
展望所のすぐ横にも梅林が。サイクリストも多く立ち寄る場所ですが、この日は遅い時間だったこともあり、誰もいませんでした。

c0337875_21082092.jpg
展望所の横の梅林は関東平野の展望が抜群。

c0337875_21092588.jpg
現在1〜2分咲き。もう少ししたら素晴らしいんだろうなあ。その頃また来たいけど・・・

c0337875_21104047.jpg
ものすごいスギの花粉がすぐそばに。これではいくら完全防備してもダメだ・・・次は車だなあ。

c0337875_21105680.jpg
帰りはずっと下りなのでラクラクです。途中、未舗装路に入ります。

c0337875_21115935.jpg
砂利道ですが路面状態はフラット。快調に下ります。

c0337875_21122104.jpg
ちょっとこんな雰囲気の良い道も。途中、竹が倒れまくっていて閉口しましたが・・・。

c0337875_21123800.jpg
高区配水池。ここはコンクリ舗装の急坂。

c0337875_21125360.jpg
釜伏山参道入口に戻ってきました。シロクマさんがご覧になりたい風景が撮れたかどうか自信はございませんが、せめて今の状況の雰囲気だけはお伝えできていれば幸いです。梅の写真なのか、自転車の写真なのか分からなくなってしまっていてスミマセンです。

中間平の梅林、規模も大きく展望も良くておススメです。途中にお店や自販機はありませんので、補給はお早めに。





[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-25 22:00 | いきものばんざい! | Comments(4)

c0337875_1855711.jpg
今回は入院中のシロクマさんのリクエストをお受けして寄居町の中間平(ちゅうげんだいら)にある梅林の開花状況を見てきました。中間平は釜伏峠へ向かう途中にある山間集落で、標高があるにも関わらず、平地より穏やかで温暖な、いわゆる「逆転層」にあるので下と開花の時期はそれほど変わりません。

c0337875_1861874.jpg
麓でもあちこちできれいに咲いています。

c0337875_1863151.jpg
さて、ここから上っていきます。約2.5キロの上りです。中間平へはいくつかのルートがあります。

c0337875_188171.jpg
参道沿いの地蔵尊。

c0337875_1883566.jpg
熊の目撃情報有りの注意書き。最近はいろいろなところで見かけます。私は町内の宗像神社に子グマが出没した時の記念Tシャツを持ってます。

c0337875_1885186.jpg
サンショウウオの里。もうすぐ水たまりに透明のモヨモヨに入った卵が見ることができる時期です。

c0337875_189950.jpg
傾斜は緩やかですが、花粉症対策フル装備だと少々苦しい・・・。

c0337875_18101880.jpg
集落の入口に到着。全体的には1〜2分咲きですが、品種によってはけっこう咲いてます。

c0337875_18104044.jpg


c0337875_18105550.jpg


c0337875_18111882.jpg


c0337875_1811396.jpg


c0337875_18125552.jpg


c0337875_1814376.jpg
梅の花はうれしいですが、スギの花はうれしくないです。

c0337875_18142893.jpg
さ、いよいよメインの梅林にやってきました。ここは緩やかな斜面に梅林が広がっていて開放感のあるところで、下の景色の展望と一緒に梅の花が楽しめるので素晴らしいところです。

c0337875_18145787.jpg
道の両脇が梅林です。全体的には1〜3分咲きといったところで来週辺りから見頃な感じです。ここは中山間地域の振興のため梅が植えられています。最近はより付加価値の高いハーブのエキナセアなども栽培されています。

c0337875_18151661.jpg
画像容量の関係でその2へ続きます・・・
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-25 19:38 | いきものばんざい! | Comments(2)

十三うどん 44

c0337875_12324082.jpg
この日はもの凄いからっ風で寒い寒い、ということで温かいものが食べたくなります。東松山の地粉手打ちうどん「十三うどん」さんで昼食。サイクリスト&ライダー、ご近所さんに愛されるお店です。サイクルラック設置&禁煙です。ライダーは喫煙率が高いですが、それで禁煙というのは英断だったと思います。

c0337875_1233649.jpg
サイクリストにはおしぼり、栄養ドリンク、そして50円引き、とサービスがとても手厚い。しかも一見さんでもソロでも気軽に立ち寄って寛げるアットホームな雰囲気も魅力。通し営業なので時間を気にしなくていいのもうれしい。

c0337875_12333089.jpg
ぱんだはやはりこれ、「豆乳きのこうどん」。ミニサラダ付きです。

c0337875_12334925.jpg
豆乳きのこうどん、アップ。豆乳鍋風の創作うどんは手打ちうどんとの相性も良く、冷えた体も美味しく温まり、ありがたい逸品。別注でちくわ天も。磯辺揚げで香ばしく、2本で100円というお手頃なのも魅力。

c0337875_12341221.jpg
で、私も豆乳きのこ、と思っていたのですが、疲れていたので少々ジャンクさが欲しくなり・・・「明太クリームうどん」にしました。そんなイタリアンなうどんによく合う、自家製コロッケもお願いしました。

c0337875_12342828.jpg
明太クリーム、アップ。明太子もホワイトソースも惜しみなくたっぷり、ねっとりクリーミーでコクもあり、うどんに絡みまくって止められません。海苔と水菜もいいアクセントになってます。美味しい創作うどんです。

c0337875_12344870.jpg
食後にうどん菓子とコーヒーをいただいて、美味しく温まりました。外は北風ビュービュー、この幸せから出たくなくなります。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-25 12:35 | うどん、そば、その他麺類 | Comments(0)

c0337875_21381119.jpg
しばらくランチはお休みされていたのですが、約三ヶ月ぶりに待望の再開、滑川町月輪の「ツキノワイン」さんでランチ。サイクルラックも設置されていますが、花粉症のシーズンなので車での訪問です。ランチは今のところ土日月の営業のようです。

c0337875_21382958.jpg
奥がクロックマダム、手前がチキンのコンフィです。今日はどちらもフレンチでドリンク付きです。ひと目でツキノワインさんだと分かる彩り。

c0337875_21385127.jpg
クロックマダム、アップ。通常のクロックムッシュに+50円すればマダム(目玉焼きのせ)にすることができます。ハム&チーズ、ソースもたっぷり、トーストに厚みもあり、食べ応え十分のカフェランチメニューです。

c0337875_2139517.jpg
チキンコンフィ、アップ。グリーンピースライス、ピクルス、キャロットラペなどとのワンプレートです。表面のカリッとした香ばしい食感とともにシンプルながらしっかりと下味が付いており、鶏の旨味が存分に味わえます。

c0337875_21392214.jpg
添付きのスープは鶏団子の豆乳シチュー・・かな。ゴロッとした野菜もたっぷり。滋味深い味わいです。

c0337875_21393954.jpg
食後のコーヒー。カップはイッタラ製です。そういえば何となく店内は北欧風です。

c0337875_2139586.jpg
ツキノワインさんはマフィンも美味しい。毎日ではありませんが、焼き上がりの日に出会ったら見逃せません。今回は「オレンジカスタード」「ナッツチーズクリーム」「いちごカスタード」「かのこチーズクリーム」。どれも見た目のインパクトはもちろん、フィリングたっぷり、生地の贅沢なコク、満足度高し。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-25 11:01 | カフェ、喫茶 | Comments(0)

めんこ61(ロクイチ)

c0337875_2144775.jpg
嵐山町のJA直売所さんでは3年振りの復活だそうです。最近は栽培特性の良い「さとのそら」が推奨されて、長年親しまれてきた「農林61号」は姿を見なくなっていたのですが、やはり根強い人気があります。こちらでは「めんこ61」の幟でアピールしてます。

c0337875_2144304.jpg
「手打ちうどん」と「やさいまんじゅう」を買いました。うどんはやはり小麦感がありますね。味と香りがさとのそらに比べますと強い気がします。田舎っぽくて素朴な美味さがあります。特性や官能試験においてそれほど大きな差はないようなのですが。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-24 23:30 | うどん、そば、その他麺類 | Comments(0)

c0337875_22423065.jpg
竹本の湧水。比企郡で環境省HPの「埼玉県の代表的な湧水」に掲載されているのはここだけ。

c0337875_22425856.jpg
里山の谷津にひっそりとあります。一応飲用可。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-23 22:43 | 自転車のある風景 | Comments(0)

本日、富士山の日

c0337875_2142735.jpg
富士川SAから。

c0337875_2152751.jpg
須走口五合目から。

c0337875_216770.jpg
富士山頂と山中湖。

c0337875_21134965.jpg
瑞牆山頂から。

c0337875_2118398.jpg
朝霧高原より。

c0337875_21192381.jpg
道の駅朝霧高原からの日の出。

c0337875_21221555.jpg
頂上浅間大社奥宮。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-23 21:13 | 雑感、報告、その他 | Comments(0)

c0337875_22275683.jpg
熊谷下川上の愛染堂で、愛染明王(あいぜんみょうおう)像の御開帳と、愛染絵馬が12年振り、そしてそ富岡製糸場の初代工場長、尾高惇忠直筆の奉納額が特別公開されます。忿怒相の愛染明王像は大変迫力があります。この機会に是非。時間は10時〜15時、一般説明会が13時からあります。

自転車の場合は境内のお堂の裏付近に駐輪できます。車の場合は駐車場が少ないので熊谷ドームのある熊谷スポーツ文化公園に置いた方がいいと思います。徒歩15分くらいです。「くまどん」さん近くに置きますと比較的近いです。

c0337875_22423039.jpg
こちらは2016年9月18日の落慶式の時の御堂内の様子(落慶式の様子は後日アップいたします)。

c0337875_22453473.jpg
前回のポタの時の様子はこちら(梅雨入り熊谷ポタ3)。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-22 22:32 | 神社仏閣、古い地名、史跡など | Comments(0)

本日、猫の日

c0337875_2033548.jpg
会うといつもモフらせてくれるまんまるネコ。

c0337875_20353536.jpg
この後、同居人と大ゲンカのマヌルネコ(埼玉県こども動物自然公園にて)。

c0337875_23265478.jpg
くたーーー(妻沼聖天様にて)。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-22 20:34 | いきものばんざい! | Comments(0)

洋食つばき 16

c0337875_22214276.jpg
寄居町の老舗洋食屋「つばき」さんで遅めのランチ。この日は大盛況だったようで、日替わりランチは完売、ライスも途中で切れてしまったとのこと。私たちは追加で炊いたご飯がちょうどできた時だったのでいただくことができました。大盛況の時とまったりの時との差が激しいとおっしゃっていました。郊外のお店はどこも同じ問題を抱えていますね。

c0337875_22215972.jpg
ぱんだはカツカレー。つばきさんの隠れた人気メニュー。ルウはじゃがいもを入れないタイプで、そこにはこだわってらっしゃるとのこと。辛くないけどスパイシーでコクがある洋食屋さんの美味しいカレーです。

c0337875_22221475.jpg
カツ、アップ。実際は写真で見るよりずっと厚みのあるロースカツです。これは食べ応えありますよー。

マスターのお話しでは最初はカレーライスはあってもカツカレーはメニューに無かったとのこと。「何がいいんだ、あんなもの」ぐらいに思ってらっしゃったそうです。ですがお客さんの要望が多いので作ったとのこと。いや〜、これは美味しいカツカレーですよ。

c0337875_2223426.jpg
そして私は「合盛丼」。たれカツと生姜焼きがのります。そしてこの日は豚汁、お新香もたっぷり。

c0337875_22232264.jpg
合盛丼、アップ。寄居町はたれカツが親しまれているお土地柄です。サクッとした衣に濃いめの醤油タレがしっかりご飯まで染み込んで旨し。生姜焼きもワインが隠し味で生姜ガッツリで濃いめの味付け、香ばしさも相まってご飯が進みまくりで美味しいです。黄金の組合せです。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-21 22:23 | 和食、洋食、定食 | Comments(0)

パン屋さんはしごポタ

c0337875_23564186.jpg
前回の「大寒波越生ポタ」と走ったルートはあまり変わりませんが・・・年末出来なかったパン屋さんのはしごをします。越生のシロクマさんと、ときがわのARAIさんです。サイクリストに支持される東西横綱的なお店です。走行時期は1月下旬です。

この日も真冬らしい寒い一日・・・

c0337875_23565633.jpg
全面結氷。

c0337875_23571961.jpg
ここも全面結氷。あれ、なんでこの時期に田んぼに水を張っているんだろう。

c0337875_23573896.jpg
冬の谷津らしい風景。野焼きの煙の先に釜久さんがあります。

c0337875_2358593.jpg
一店目は越生のシロクマさん。朝早めの訪問でしたので最初は独り占めでしたが・・・5分もしないうちにサイクルラックは自転車でいっぱいになりました。次の日からしばらくお休みとのことで、寒い中、遠くからやって来た方も多かったようです。愛されてますね〜(記事はこちら:追記あり)。

c0337875_23582369.jpg
こんな小径を走って・・・

c0337875_23584353.jpg
越生神社に参拝。以前にも書きましたが「越生神社」は町内に2社あります。もう一社は市街地に建てられています。この日はネコは巡回中でお留守。

c0337875_2359465.jpg
参道から市街地方面を見下ろします。

c0337875_23593173.jpg
神社のすぐ横の学頭沼。対岸には八高線。しかしこの日も列車は来ませんでした。

c0337875_001287.jpg
八高線沿いの道は土日も拡幅工事が行なわれていて、一部未舗装でしたが、終了したようです。何とか梅の季節に間に合ったという感じでしょうか。

c0337875_003931.jpg
2店目はときがわの「丘の上のパン工房ARAI」さん。こちらも多くのサイクリストでにぎわっています。素朴ながらアイデアがいっぱい詰まったパンがお手頃価格なので人気です。休憩スペースも手作り感溢れる造りで利用しやすいです。運が良ければ眼下に八高線の列車が(記事はこちら)。

c0337875_011130.jpg
玉川工業団地にある防風林と自転車コバトンの標識。

キャラクターはまったく違いますが、どちらのお店もサイクリストにとってとても有り難い存在で、この地の自転車文化を大いに盛り上げています。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-20 23:23 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(0)

c0337875_23293289.jpg
嵐山町の花見台工業団地近くの「勝田のうめの里」の2月19日現在の状況です。道以外の場所には立ち入らないようにして静かな梅見を楽しみましょう。

ちょいと訪問時間が遅くなってしまって逆光で写真が見づらくなってしまいました。スミマセン・・・。

c0337875_23294869.jpg
お、先週に比べますとかなり開花が進んでいます。恐らく先日の春一番の時に一気に咲き始めたのだと思います。かなり咲いている木もありますが、全体的にはまだ1〜2分咲きといった感じですね。

c0337875_2330243.jpg


c0337875_23301921.jpg
天候にもよりますが、恐らく次の土日には見頃になるのでは、と思います。

c0337875_2331950.jpg


c0337875_23313394.jpg
咲いているところは3〜5分咲きになってます。

c0337875_23321538.jpg
丘の斜面を利用した梅林なので眺めが良いです。

c0337875_23325394.jpg


c0337875_2333144.jpg
ここは自転車でも楽しみやすい梅林です。

c0337875_23332953.jpg
ここは園主さんや地域の人、行政などが一緒になればけっこう人気のスポットになるんじゃないかなあ、と思います。嵐山町北部は現状観光地が少ないですからね。

c0337875_23341061.jpg


c0337875_23344947.jpg
また報告します。スギ花粉の季節ですので次回は自転車ではなく車で様子を見てきます。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-19 23:34 | 山歩き・里歩き・まち歩き | Comments(2)

あま太郎 羽生

c0337875_2315246.jpg
ぱんだです。羽生神社巡りポタの時ににゃ、小腹がすいたのでちょっとした軽食をいただきたいにゃ〜と思ったのにゃ。それでにゃ、みどさんおススメの「あま太郎」さんに立ち寄ったにゃ。

場所はにゃ、羽生駅近くの毘沙門堂と同じ通りにあるにょ。看板には「東京甘太郎総本舗チェーンストア羽生営業所」と書かれていて昔はチェーンのお店だったようにゃ。現在は違うようにゃにょ。HPによるとにゃ、春日部にもお兄さんがやっているお店があるんだそうにゃ。

自転車はお店の前に置かせてもらうことができるにょ。ご夫婦がどんどん焼いているそばから、次々とお客さんがやってきてにゃ、10個、20個と買っていくにょ。テイクアウト専門のお店と思っていたら、何とお店の中にテーブルが3卓あってそこでいただけるにょ。禁煙にゃ。

c0337875_2321082.jpg
なななんとですにゃ、「あま太郎」50円、「たこ焼き」200円という時代を30〜40年くらいさかのぼった驚きのお値段にゃ。ぱんだビックリしちゃったぞ。庶民の味方、学生の味方にゃ〜。

c0337875_2324834.jpg
「あま太郎あずき」、「白あん」、そして「たこ焼き」をイートインでいただいたにゃ。全部で350円にゃにょ。お店の心意気を感じるにゃ〜。

c0337875_233782.jpg
「あま太郎」には羽生のキャラ「ムジナもん」の焼印がされているにょ。焼印1つはあずきでにゃ、2つは白あんにゃにょ。かわいいにょ。お皿もにゃ、ムジナもんと羽生名物にちなんでモロヘイヤの葉がデザインされていて郷土愛を感じるにょ。ぱんだはムジナもんが大好きなんでにゃ、とってもうれしいにゃ。

それでにゃ、このお値段で何と餡は自家製にゃ。50円だと普通お味はどうなのかにゃ〜と思うんだけどにゃ、生地は表面はパリッとしていてにゃ、中はしっかりモチッとそして餡もたっぷり詰まっているにょ。おやつにもお茶請けにもピッタリにゃ。おいしかったにゃ〜。

c0337875_2332759.jpg
こちらは「たこ焼き12個」200円にゃ。たこ焼きは小振りだけどにゃ、タコはしっかり入っているしにゃ、生地も焼き具合もちょうど良くってにゃ、素朴で懐かしいお味にゃにょ。こちらもおいしかったぞ。お店の方もとっても親切で雰囲気も良かったにょ。

また立ち寄りたいにゃ〜。

営業時間 9:00〜20:00、月曜定休。
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-18 23:05 | おやつ(和、洋風和菓子) | Comments(4)

c0337875_15105633.jpg
急な坂を上り切ると岩殿地区。ここからはほとんど上り坂はありません。下るのみです。

c0337875_15112021.jpg
途中、「弁天沼(鳴かずの池)」に立ち寄ります。沼のほとりには根張りがしっかりとしたエノキがあります。

c0337875_15113853.jpg
東松山市HPによりますと、幹周り2m、樹高8mとそれほど大きくはありませんが風格のある木です。この地域の他のエノキ同様、江戸時代に一里塚の目的で植えられたようです。

c0337875_15115658.jpg
「鳴かずの池」の名の由来は東松山市観光協会が立てた案内板によりますと、「坂上田村麻呂が岩殿観音に住む悪竜を退治し、首を埋めたところに用水池を造ったがカエルが住み着かなかった(一部内容を変えずに文に変更を加えております)」ところからそう呼ばれているのだそうな。

c0337875_15132573.jpg
沼にはアオサギがいました。

c0337875_15135578.jpg
九十九川沿いの未舗装路を走っていくと・・・

c0337875_15142195.jpg
本日の目的地「埼玉県こども動物自然公園」さんに到着。ここは比企自転車道の終点にもなっています。

c0337875_15144744.jpg
こちらは里山の地形を活かした動物園で、トラやライオンなどの猛獣や、ゾウやカバ、サイなどの多くの動物園にいる動物がいません。しかしコアラやカピバラ、マヌルネコや日本初公開のプーズーなど、ゆるっとしたりふれあえたりできる動物が数多くいて、老若男女が楽しめるようになっています。

c0337875_15151874.jpg
この日は駐車場も満車状態で大賑わい。しかし自転車だと入口すぐ横の管理事務所前の駐輪場に置ける上、無料です(車ですと普通車で600円かかります)。入園料は大人510円です。年パスもあって1,530円とお手頃。今回私たちは年パス購入。年パスの一番のメリットは混んでいる時にチケット売場に並ばなくていいことかな。

さ、この時点で既に14時過ぎ、急いで園内に入ります。

c0337875_15153764.jpg
入口近くのコバトン。ここにはシラコバトの鳥舎がありますが、鳥インフルエンザ予防で鳥類はどこも慎重な展示となっていました。

c0337875_15161792.jpg
シマウマ君(ハートマンヤマシマウマ)。やはりシマウマやキリンを見ると動物園に来たーっという気分になります。

c0337875_15164267.jpg
「もりカフェ」なるものがオープンしていました。メニューはコーヒーなどのホットドリンクやソフトドリンク。そしてクレープやたまごサンド、チキンサンドなどなど。しかしこの日は店内テラス席とも満席。次回立ち寄ってみましょう。

c0337875_15171964.jpg
今回は最初にカピバラ温泉へ。ここにはカピバラとワラビー(ベネットアカクビワラビー)がいます。

c0337875_15175777.jpg
今日は暖かいせいかワラビーたちの動きも良いです。

c0337875_15181497.jpg
わりと近くまで寄って来てくれます。

c0337875_1519266.jpg
で、カピバラ温泉ですが・・・ポカポカ陽気だったため、案の定なかなかお湯に入ってくれないようです。1頭だけ足湯してます。あれ、日本最大級というおばちゃんカピバラかな?去年もこんな感じだったなあ。

c0337875_1519498.jpg
貸切状態。

c0337875_15201276.jpg
多くのカピバラは床暖房か日だまりでこんな風に爆睡したりしています。

c0337875_15203814.jpg
次はワオキツネザル。

c0337875_1521219.jpg
「よっ」という感じで手を挙げて挨拶したらみんな一斉にこちらを向いてちょっと怖い(笑)。

その3へ続きます・・・
[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2017-02-18 15:21 | 自転車(ツーリング2017) | Comments(2)