c0337875_18514145.jpg
いつもお世話になっている田舎うどんさんに、小川町の「あそび」さんで5月から冷汁が登場、との情報をいただいてやってきました。

お店の入口と駐車場近くにサイクルラック、そしてベンチと自販機がセット。サイクリストにうれしいレイアウト。先日の日曜日は外待ちも発生したんだそうな。

c0337875_18535508.jpg
現在のメニュー。お、冷汁発見。ということで今回は冷汁うどんとカボチャの天ぷらにしました。きんぴらごぼうは完売でした。

c0337875_18543419.jpg
こちらが「冷汁うどん」890円。冷汁のボリュームがすごい迫力・・・たっぷり過ぎます(笑)。そして今年から刻みニンニクとラー油が付きます。

c0337875_18545195.jpg
冷汁、アップ。器になみなみです。ご覧の通り、ネギ、ミョウガ、大葉、キュウリがもうザックザク。あそびさんらしさ全開です。胡麻味噌つゆはさっぱりしていますが不思議と極太ワイルドなうどんをしっかりと受け止めます。

そして途中から刻みにんにくとラー油を投入すると・・・これは面白い。ニンニクとラー油がこんなにも冷汁と合うとは。ひんやりさっぱりしながらもスタミナがっつり、しかも美味しい。夏にピッタリですね。最初は全部食べられるんだろうか、と思いましたが、けっこう夢中で食べて難なく完食。これはまた食べたいですね。

c0337875_18550784.jpg
うどん、アップ。小麦感しっかりの武骨でワイルドな極太うどん。冷汁うどんには細いうどんというイメージですが、このうどんで食べ応えのある美味しい冷汁に仕立て上げちゃうんですから、すごいなあ。

c0337875_18552960.jpg
カボチャ天。肉厚で大きめサイズが二つで100円。さすがです。ひえひえの冷汁にアツアツホクホクのカボチャ天は相性抜群です。

また暑くてバテたら食べに来よう。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-21 19:54 | うどん、そば、その他麺類 | Comments(2)

c0337875_22551574.jpg
この日は5月の中旬だというのに、真夏のような蒸し暑さ。暑くなってくるとタイ料理とか食べたくなってきます。熊谷の市役所通りと星川通りの交差点付近にあるタイカレーなどアジアン料理のお店「バックパッカーズ」さんでランチ。

ランチセットは11:30〜14:00L.O、カレーやガパオ、フォーなどがミニサラダ・ミニデザート付きで850円です。

店主さんは不在、若い女性お二人が切り盛りしていました。ちなみに店主さん、今年一年は充電期間としてイベント出店は控えるそうです。

c0337875_22554078.jpg
「ひき肉とトマトの甘口カレー」。マイルドな鶏キーマです。ライスはタイ米。以前は別盛りでゆで卵1/2でしたが、今回はワンプレートでカイダオ付き。甘口でもコクがあって満足度高し。ルウもたっぷりでうれしい。

c0337875_22563469.jpg
「ガパオライス」。香ばしくてジューシーで旨味も濃厚、食欲をそそります。卓上の調味料で味は調整できますが、何もしなくても美味しいです。野菜やキノコなど具だくさんでいい仕事をしてます。中毒性のある美味しさ、無性に食べたくなることがあります。

c0337875_22565230.jpg
デザートはバナナのチェーでした。コクのある甘さがスパイシーな料理の後にぴったりのアジアンスイーツです。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-20 22:57 | カレー、民族料理など | Comments(0)

c0337875_16405644.jpg
まだ5月中旬だというのに朝からムシムシで汗が吹き出します。午後は所用があるので、午前中MTBでご近所を走ってきました。

空には夏の雲。田植えが終わった田んぼと仙元山。

c0337875_16413572.jpg
大聖寺近くの花畑。

c0337875_16415366.jpg
湿度が高いせいか、写真もちょっと曇り気味。

c0337875_16420885.jpg
朝食はいつもの「わらしべ」さんで(記事はこちら)。4にオープンしたばかりのラーメン屋さんを教えていただきました。ちょっと様子だけでも見てきますか。

c0337875_16423043.jpg
昭和の路地。小川町は路地がたくさん。

c0337875_16424732.jpg
晴雲酒造さんの壁。

c0337875_16430951.jpg
晴雲酒造さんにはサイクルラックがあります。え、かき氷もやってるの。今度おじゃましましょう。

c0337875_16433541.jpg
県道11号と慈光道の分岐。ここには大河村の道路元標もあります。時計はちゃんと合ってます。

この分岐の近くの元弁当屋さんだったところに教えていただいたラーメン屋さんがありました。「麺やHikari!」さんです(さっそく訪問してきました、記事はこちら)。

c0337875_16435541.jpg
県道は交通量が多いのでなるべく路地を走ります。

c0337875_16442058.jpg
駅前通りの「ブリスクルコーヒーロースターズ」さん。こちらでコーヒーがいただけるのは土日のみだそうです。

c0337875_16445705.jpg
ぶどう畑と東上線。

c0337875_16451233.jpg
有名な和紙工房の近く。

c0337875_16452978.jpg
東側はいい天気なのですが・・・

c0337875_16454709.jpg
西の方から何やら黒い雲がやってきました、やばいぞ。

c0337875_16460939.jpg
今年は気温が高い日が多いので下草の成長が早いです。すでに太ももくらいまであるところも。もう秋まで走れないかな。

途中、アオダイショウがあちこちでひなたぼっこしていました。

c0337875_16470731.jpg
でもきれいに下草が刈られているところも。またハイキング大会とかがあるのかな。

c0337875_16472650.jpg
道にはあちこちにエゴノキの白い花が落ちています。

c0337875_16474464.jpg
こんな風に花と自転車を撮影していると・・・ブヨや蚊がたくさん寄ってきます。やはり気温が高く雨も降っているので例年の今頃よりたくさん発生していますね。

c0337875_16480031.jpg
蒸し風呂のようでしたが、走ってシャワーも浴びれば体も頭もスッキリです。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-19 21:04 | 自転車(ツーリング2018) | Comments(0)

c0337875_16171258.jpg
小川町の有機野菜食堂の草分け的存在「わらしべ」さんで久し振りにモーニング。お店の前の国道254号は現在工事中なので裏から入るのがベター。ときがわサイクルフェスタのエイドでパスタを提供するなど、サイクリストウエルカムのお店でもあります。

小川町は有機農業がとても盛んですが、ここまで盛んになったのはわらしべさんの存在がとても大きかったと思います。生産地で実際に有機野菜の良さを気軽に体験できる場所(お店)があったということが非常に重要で、そこから交流が広がって興味関心を持つ人も少なくなかったでしょう。

気になる新店舗オープンですが、9月頃を予定されているそうです。ちなみに新店舗は今のお店から直線距離で約150m南下したところになります。槻川に架かる馬橋の近くです。

c0337875_16175255.jpg
モーニング。地元野菜のサラダ、サンファーム高橋農園さんの卵を使った目玉焼き、ルヴァン出身の奥様が焼くパンとスコーン、そしてサイフォンで淹れるコーヒー。今回はコーヒーがちょっと特別・・・

c0337875_16181073.jpg
駅前通りの「ブリスクルコーヒーロースターズ」さんのコーヒー豆使用です。セットのコーヒーにプラス70円で変更できます。グアテマラとコロンビアが選べ、今回はグアテマラの有名な農園(ど忘れしました)のコーヒーをチョイス。サイフォンとの相性が良いようで、丸みのある酸味ですっきりキレのある味わい。わらしべさんへ通う楽しみがまたひとつ増えましたね。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-19 21:03 | 和食、洋食、定食 | Comments(0)

c0337875_09171155.jpg
春からまた前橋へ来る機会が増えています。ここ二週間で5回も(笑)。仕事、所用、自転車、友人が前橋へ引っ越し、恩師が前橋・・・いろいろ縁のある街になっています。アパートでも借りちゃいますか(笑)。

ここは前渋BPと道の駅よしおか温泉さんをつなぐアクセス路。写真は「花と緑のぐんまづくりin吉岡」の展示。

c0337875_09175278.jpg
この日は朝とても冷え込みました。お、早くも足湯やってる・・・時間ないけどちょっとだけ浸かっていきます。

c0337875_09180888.jpg
足湯の成分分析表。湯温が高いので加水してますが、それ意外は手を加えていないそうです。塩分があるのでよく温まります。

c0337875_09182370.jpg
花文字花壇。

c0337875_09190332.jpg
ありゃりゃ、勝山城址のところで土砂崩れです。ここは脆そうでしたからね。GW中は大丈夫でしたので、先日の雨で崩れたのでしょうか。写真は5月12日です。

c0337875_09192178.jpg
迂回するほどでもない感じで、歩行者も自転車もバンバン通過していきます。

c0337875_09194350.jpg
中央大橋を渡ります。やっと気温が上がってきました。

c0337875_09200521.jpg
改修された臨江閣。

c0337875_09202933.jpg
広瀬川の望月橋付近。新緑がきれい。

c0337875_09204657.jpg
比刀根橋、弁天通商店街のアーケード。

前橋市内は公共交通機関も不便で車も渋滞するので自転車が一番便利。スイスイです。

c0337875_09211379.jpg
朝食は住吉町のサンドウィッチ専門店「はとぽ」さんで(記事はこちら)。

c0337875_09213308.jpg
昼食は日吉町の「クロフトベーカリー」さんで(記事こちら)。

c0337875_09215712.jpg
昼食は交水堰の水の音を聞きながらいただきました。

c0337875_09222265.jpg
麦秋も始まっています。

c0337875_09224339.jpg
夕食は片貝のラーメン屋「かじべえ」さんで(記事はこちら)。

c0337875_09230664.jpg
夕暮れの広瀬川。


c0337875_09241564.jpg

ライトアップされた臨江閣。

帰りは夜の帳が下りた利根川自転車道、途中、ロードの人を2人抜かせてもらったのですが、そのうちの一人に「右抜きまーす」と言って右に出るとブロックされた・・・あ、こいつは以前に遇ったことのあるメガネブタ・・・まさかまた遭遇してしまうとは(以前の記事はこちら「前橋・朝ライド 2」)。

でも私も学習しました。優しく「じゃ、左抜きまーす」と言ってライトだけ左に向けつつ、フェイクを入れて一気に右から抜き去ります。案の定追いかけてきます(笑)。で、勝山城址の土砂崩れの手前で私が止まって自転車から降りると、チャンスだと思ったのか土砂崩れに気付かず乗車したまま抜いていったのです。「おい、土砂崩れあるぞ、危ないぞ」と声はかけたのですが・・・そのまま土砂に乗り上げてクラッシュ・・・。

「おい、大丈夫か、暗い時はよく見て走らないと危ないぞ」と声はかけたのですが、鼻息は荒いものの返事なし。メカトラも起こしていそうでしたが、手を貸してほしくないようなので、一応立ち上がるところまで見届けてからその場を去りました。

c0337875_09244021.jpg
〆はいつもの「道の駅よしおか温泉」さん。混んでいるわりには快適にゆっくりできる施設です。設備充実でお値段400円。立ち寄り頻度が増しているのでポイントもすぐに貯まっちゃいます。


[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-19 21:02 | 自転車(ツーリング2018) | Comments(0)

c0337875_10400937.jpg
前橋の片貝、県道3号線からちょっと入ったベイシアさん隣りにある旭川ラーメンのお店「かじべえ」さんで夕食。桃ノ木自転車道からもすぐです。

この日は初めて大将が不在・・・でもお若い3人でしっかりと切り盛りしていました。

c0337875_10403915.jpg
定番の味噌らーめん。まろやかコクのある香ばしい味噌スープに、旭川直送の加藤製麺さんの黄色い硬めの低加水ちぢれ麺がよく合います。大将お留守だったのでちょっと心配でしたが、しっかり作っていつも通りの美味しさだったので安心しました。

c0337875_10411322.jpg
餃子も。下味が付いてますのでタレ無しで美味しくいただけます。

c0337875_10413789.jpg
食後に杏仁豆腐。吸い付くような食感とコクがありながらのさっぱり感はラーメンいただいた後のデザートにぴったりです。これは外せません。





[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-19 10:45 | ラーメン(群馬) | Comments(0)

c0337875_10000848.jpg
前橋の日吉町、花みずき通りの一角にある人気ベーカリー「クロフトベーカリー」さんにお昼過ぎに立ち寄りました。富岡のパンまつりや上田の発酵まつりでもお馴染みの実力派ですが、オープンキッチンに対面販売で親しみやすい雰囲気なので、多くの人を虜にしています。

c0337875_10004888.jpg
日曜定休でなかなか立ち寄れないのでいっぱい買っちゃいました。食感が楽しいカヌレ、大きなサクサクメレンゲとねっとりマルメラータのムラング、ナッツとフルーツたっぷりのパン・オ・ヴァン、つやつや噛め噛めでクリームチーズとレーズンたっぷりのベーグルサンド、贅沢うまうまのコッパとカマンベールのカスクート、そして170円とお値打ちながら絶品のシナモンロール(パンの名前は全て正確ではございません)。

c0337875_10024291.jpg
広瀬川の交水堰の近くの東屋でいただきます。こちらはコッパとカマンベールのカスクート。コッパは豚の首肉を使ったイタリアの生ハムのようなものです。美味しいパンにカマンベールもたっぷり、こりゃ、いいですね。ワイン飲みたくなっちゃいますね。近くを歩いていた小学生たちから「美味しそう」の声もかかります。

c0337875_10030624.jpg
ベーグルサンド、アップ。ツヤツヤみっしりの本格ベーグルにクリームチーズたっぷり、レーズンのじゅんわりした甘味とのバランスが素晴らしいです。





[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-19 10:03 | パン、ピザ、パスタ(群馬・長野) | Comments(0)

c0337875_09401691.jpg
前橋の弁天通商店街から県道4号線へ向かう道沿い、住吉町にあるサンドウィッチ専門店「はとぽ」さんで朝食。

店主さんは元競輪選手、野菜ソムリエ。お店の前にサイクルスタンド有り、イートインスペース有りです。ワクワクさせる創作サンドウィッチが並びます。「時価」なんていうドキドキさせるメニューもあります。

c0337875_09403606.jpg
悩みに悩んで「はとポーク」と「りんごカスタード」にしました。ちなみにホットサンドにもしてもらえます。イートインにはコーヒーのサービスもあります。

c0337875_09405750.jpg
はとポーク、アップ。この厚みはうれしい。前橋の中心市街地で朝から落ち着いて美味しいサンドウィッチを堪能しました。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-19 09:43 | パン、ピザ、パスタ(群馬・長野) | Comments(0)

おにっこハウス 9

c0337875_01233598.jpg
愛用している味噌を買いに・・・熊谷の江南総合公園近くにある「おにっこハウス」さんに立ち寄りました。入って右がカフェスペース、左が販売スペースです。

お店の入口には「おにっこまつり」の告知。5月20日、江南総合公園で開催されます。人がいつもよりちょっと優しく寛容的になれる、大人から子供まで楽しめる人気イベントです。たくさんのお店が並び、催し物も多数、抽選会もあります。

c0337875_01240259.jpg
今回は麦みそにしました。プロにも愛用者が多い逸品です。そして卵も切らしていたので「おにの家の地卵」も買いました。平飼い卵です。黄身のコクと白身のくせの無い風味がいいですね。

[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-19 01:34 | カフェ、喫茶 | Comments(0)

麺や Hikari!

c0337875_23482194.jpg
小川町にラーメンの新店が登場・・・有機野菜食堂「わらしべ」さんに「店主さんはサイクリストでサイクルラックもあるラーメン屋さんが4月にオープン」との情報をいただいてやってきました。場所は定峰峠や秩父高原牧場へ向かう県道11号線沿い、住所は腰越40ー4です。

時間は10時30分過ぎ、まだ開店時間ではありませんのでとりあえず様子だけ見に来ました。

c0337875_23484212.jpg
無化調にこだわるラーメン屋「麺や Hikari!」さんです。ここは元「ほりべん」さんのあったところですね。まだお店の看板が無く、屋号が表記されていません。元々小鹿野で営業されていてこちらに移転されたそうで、親子で切り盛りしています。入口横には木製のサイクルラック、席によって店内から見えますので安心です。

店内はうれしいことに禁煙、カウンター席が10席ほど。大きな黒板にメニューが書かれているのですが、イラストは寄居の「カフェ鐘撞堂」さんが描かれたものだそうです。

メニューは「しお」「しょうゆ」「こってり」「トマトしお」「チャーシュー」だったと思います。他にトッピングとして味玉、そしてライスがあります。餃子や味噌などは今のところありませんでしたが、小鹿野時代にはあったそうなので、今後メニューは増えると思います。


c0337875_23492014.jpg
朝に確認した後、改めて夜に訪問。本当は自転車で訪問したかったのですが、ぱんだがまだ怪我で自転車に乗れないので車で訪問。息子さんがお一人で切り盛りされていました。

c0337875_23500139.jpg
こちらは「ちやしうめん」(チャーシューめん)。スープを一口・・・むむっ、あっさり無化調で塩分控えめ、鶏の旨味で後から煮干など魚介が追いかけてくる感じ・・・同じ比企郡の川島の「あぢとみ食堂」さんの初期の頃や、惜しまれつつ閉店した滑川の名店「大家」さんの初期の頃を思い出します。さらにカイワレがそういった気分にさせるのでしょう。美味しいです。

麺は中太ちぢれ、具は海苔、わかめ、カイワレ、刻みネギ、そして肩バラチャーシュー。チャーシューはほろほろ系ではなく、噛めば肉の旨味がちゃんとするタイプで私の好み。ラーメンはスープまで完食。夜でも胃が重くならないのもいいですね。息子さんがこってりはジャンクな仕上がりとおっしゃっていたので、お好きな方はそちらをどうぞ。

c0337875_23504225.jpg
こちらは一日10食限定「トマトしお」。イタリアンの経験がある息子さんのアイデアかな、と思ったのですがお父さんのアイデアとのこと。スープはトマト感と出汁感がしっかりありながらクセがなくキレがあります。イタリアンまでは振らず、ちゃんとラーメンしてます。けっこう手間がかかっていると思います。美味しくいただきました。

10年くらい前まで小川町にもトマトラーメンのお店があったのですが、しばらく無い状態が続きました。トマトラーメンロスだった方は是非。

開店おめでとうございます。人口減少に悩むこの地の「光」になるといいなあ。今後の展開が楽しみです。

11:30〜14:00、17:00〜20:00 (2018.5.18現在、お店でお聞きした時間とFBとの時間に違いがあるため確認中です)。 定休日は今のところ無いそうです。

[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-19 01:15 | ラーメン(埼玉比企郡) | Comments(0)

c0337875_20332453.jpg
月夜野ICの迂回路に入ります。ここには標識がありますが、これが紛らわしい。標識は右の道に付けられているので右へ向かいがちですが、迂回路は左の道。

c0337875_20334557.jpg
迂回路は用水路沿いの木々に囲まれた道。車も通りますのでご注意。

c0337875_20340181.jpg
ストレスなく迂回できました。このまま沼田バイパスを南下します。バイパスには自転車歩道通行可のレーンがありますが、途中でブッツリと無くなる上、車道へ戻るには自転車を担がなくてはならなくなるため、車道を走ることをおススメします。

ここは追い風で快走します。

c0337875_20341874.jpg
河岸段丘にある沼田市街地。

この先の国道17号は交通量の多くてスノーシェッドもある山あいの狭い区間。しかも綾戸ダム付近まで渋滞中。渋滞中の車に付き合いながら体力温存と割り切ってのろのろ走ります。

c0337875_20343638.jpg
スノーシェッドを過ぎたところで綾戸橋を渡って利根川左岸へ、県道下久屋渋川線を走ります。ここはJR上越線の高架がある棚下集落。

c0337875_20345652.jpg
レンガの橋脚。

c0337875_20351616.jpg
左岸の道は細いし人情味もないのですが、交通量が少なくて国道よりはずっと走りやすいです。

c0337875_20353560.jpg
トンネルもあります。こんな感じですのでライトは前後要点灯です。

c0337875_20355881.jpg
あと20分待てばSLが走ってくると思うのですが・・・まあ、今日のところは待たずに先へ進みましょう。

c0337875_20361810.jpg
JR敷島駅でジュース休憩。一番外側のベンチに座ったのですが、それまで散らばって座っていたお年寄りや子連れが一瞥して私から避けるように一番遠くの席に移動。う〜ん、この昭和村から旧赤城村の利根川左岸というのは私にはやっぱり合わないなあ。

c0337875_20364387.jpg
宮田の交差点を右折して右岸へ渡り、国道17号の一本裏の小径を走ります。

旧子持村のマンホール。

c0337875_20370599.jpg
国道353号大正橋。ここから利根川自転車道に入ります。翠園さんは営業中か・・・迷うなあ。でも日が暮れる前に自転車道を走り切りたいので、ここは振り切って先へ進みます。

c0337875_20373131.jpg
上を走る関越道は渋滞中。

c0337875_20375341.jpg
畑の中を走る前渋バイパスも渋滞中。

c0337875_20381146.jpg
自転車道はずっと追い風。かざぐるまの向きが風向きを証明しています。

c0337875_20383013.jpg
天狗岩用水。

c0337875_20385679.jpg
見晴らしのよい大渡休憩所でちょっとひと休み。

c0337875_20391483.jpg
ここで最後の補給食、嵐山のポネットさんの甘酒ミニパイ。これは疲れた体に沁みます。

c0337875_20393334.jpg
利根川自転車道は一応県道です。

c0337875_20395062.jpg
玉村町付近を走っていると突然バイクに抜かれる。あぶねーなー、「おい、ちょっと待て、ごらあ」と中指突き立てて怒鳴るもそのまま走り去っていきました。

疲れていなければ横に並んで蹴りを食らわして突き落としてやるのになあ。

c0337875_20433651.jpg
伊勢崎ナンバーでシルバーのヘルメットのジジイ・・・ナンバーも曲げてあります、こいつは以前も見たことがあります。常習者です。早く捕まることを切に願う。

c0337875_20400930.jpg
五料橋を渡ります。利根川自転車道が面白いのはここまで。ここから下流は単調な苦行の道です。ま、追い風だからいっか・・・

c0337875_20402574.jpg
と思ったら北西の風が止み、ここからまさかの向かい風。うそでしょー。つまらん上に向かい風なんて。

c0337875_20404102.jpg
気持もメゲてヤサグレてきたので、坂東大橋を渡る前にちょっと寄り道。橋と反対方向に走って・・・

c0337875_20410050.jpg
「自販機食堂」さんに立ち寄ります。懐かし自販機でラーメン食べて心が和みます。ここは禁煙ですし、気軽にひと息つける貴重な空間(記事はこちら)。

c0337875_20411837.jpg
夕暮れの坂東大橋。

この後「島村蚕のふるさと公園」で最後の休憩。ここで渋川から妻沼まで走った帰りというサイクリストの方とお話。うれしいですね、渋川から自走で妻沼なんて。でも今から渋川まで帰るんじゃ大変だなあ、と思ったのですが、実は渋川の大正橋より私の自宅の方がここから遠いという衝撃の事実(苦笑)。

c0337875_20413254.jpg
周囲は真っ暗になって、気温がグッと下がってきました。道の駅おかべさんの横を通って、ノンストップで帰宅。

久し振りのロングライドでしたが、道中脚が痙攣することもなく、痛みも出ず、それほど疲れも出ませんでした。ま、好事魔多し、気を付けなければね。

走行距離は243キロ。走るだけなら300キロは走ることができますが、名所は見たいし、美味しいものも食べたい、できれば温泉にも入りたいし、地域の人と交流も持ちたい、となると一日250キロくらいが目安かなあと思います。

[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-18 23:08 | 自転車(ツーリング2018) | Comments(0)

c0337875_20063738.jpg
ここでどのルートで帰るか悩みます。旧三国街道金比羅峠越えか、それとも赤根峠越えか、もしくは利根川沿いを下るのか・・・

今回は北西の風が強く吹いてきたので、その恩恵を一番受ける利根川沿いの道で帰ることにします。ただそのまま帰るのでは面白くないので、ちょっと寄り道もしていきます。

この変則交差点は右です。国道17号へ向かいます。

c0337875_20065833.jpg
Doleさんはこの日も混んでいました。

c0337875_20072714.jpg
下野田交差点から対岸に渡ります。ここは旧三国街道塚原宿。大きな石標があります。

c0337875_20074782.jpg
石標の下には案内が。古墳が多かったところなので「塚原」になったんだそうな。

c0337875_20080790.jpg
県道36号を進みます。見晴らしの良い、高原状の道です。速度制限標識が木の柱なのは今時珍しいです。

c0337875_20082501.jpg
中部北陸自然歩道の標識。「村主八幡神社0.3Km、金比羅峠4.1Km」。村主神社へお参りしていきましょう。

c0337875_20090899.jpg
その前に「上津の姥桜」。「姥桜の伝説」なるものもあるのだそうな。

c0337875_20094704.jpg
大きな庚申塔。埼玉は青面金剛像が多いですが、群馬は文字塔が多い気がします。

c0337875_20100612.jpg
村主(すぐろ)八幡神社に到着。りんご畑など見晴らしのいい場所に、鎮守の森がこんもりしているので遠くからでも分かります。

c0337875_20104941.jpg
鳥居の横には大きなケヤキ「村主の大欅」。案内には樹齢600年、目通り二十二尺、根木廻り四十九尺、高さ八十尺、枝張り東西八十八尺、南北百十五尺、と記されています。

c0337875_20113799.jpg
社殿と狛犬。狛犬は新しくよく見かけるタイプ。

c0337875_20115447.jpg
鎌倉時代に創建され、今の社殿は明治26年に造営されたそうです。

c0337875_20125272.jpg
社殿の横には合祀された祠が。そして祠の端には丸い石塔が・・・

c0337875_20131637.jpg
丸い大黒天。神仏習合の名残です。像の右に「毘沙門天」左に「弁財天」の文字があるので三面大黒天だと思います。

c0337875_20133596.jpg
文政2年(1819年)と刻まれています。二百年近く経っているのにきれいに残っています。

c0337875_20142559.jpg
そして新幹線の中山トンネル付近のリンゴ畑の中にもう一社、中村天満宮です。

ちなみにこの付近の新幹線は高架ではなく地上を走るので、走る新幹線を間近に見ることができます。

c0337875_20144504.jpg
おや、朱色の屋根はお隣にお寺があるものだとばかり思っていましたが・・・

c0337875_20152522.jpg
なんと大きな舞殿でした。四方に壁がないのが特徴的です。案内によりますと素人歌舞伎のために建てられたものだとか。昔は茅葺きだったのですが、伊勢湾台風で壊れ、今のトタン屋根になったそうです。

c0337875_20155520.jpg
境内にはたくさんの道祖神が祀られています。

c0337875_20161669.jpg
道祖神は双体道祖神と文字塔があり、他に変わった形の石もあります。これは子宝信仰のためだと思われ、男根・女陰崇拝なのだと思います。群馬は埼玉に比べて多いですね。

c0337875_20164197.jpg
こちらも道祖神なんですよ、変わってますよねー。

c0337875_20171459.jpg
こちらも奇石。

c0337875_20173139.jpg
民間信仰はその土地土地の生活や文化が反映されていて興味深いです。

c0337875_20180339.jpg
りんご畑の中、国道17号へ向かいます。

c0337875_20200656.jpg
ちょうど名胡桃城址に出ます。大河ドラマで一時流行りましたが、今もたくさんの人が訪れていました。

c0337875_20203451.jpg
横風の名所、月夜野大橋を下ります。橋を渡るとすぐに月夜野ICです。橋を渡る前に歩道側に入っておかないと、IC迂回路に入れませんのでご注意。


c0337875_20204927.jpg
橋から眺める谷川岳方面。

c0337875_20210703.jpg
いい横風が吹いてます。帰りは予想通りの追い風だー。

その6へ続きます・・・




[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-17 21:51 | 自転車(ツーリング2018) | Comments(0)

すみれ食堂 12

c0337875_23070283.jpg
ぱんだです。熊谷の立正大学前の洋食屋「すみれ食堂」さんにランチをいただきに行って来たぞ。

GW後半この日、近くの森林公園は渋滞していて駐車場もいっぱいだったけどにゃ、大学はお休みでお店の前の道も空いていたにょ。でも店内はぱんだ達が入ったときからかなり混んでいてテラス席も含め満席の盛況だったにゃ。やっぱり人気あるにゃ〜。

c0337875_23074214.jpg
ねこぜんが頼んだチキンカツにゃ。創業時からの代表的人気メニューにゃ。ボリュームがあるにゃ〜。

c0337875_23080074.jpg
チキンカツ、アップだぞ。カツは2枚にゃ。ワクワクするボリュームだぞ。それにダブルソースが付いてくるにょ。贅沢にゃ。チキンカツは衣はサクッとした食感でにゃ、中身はスッと歯で切れる柔らかさ。しかももっちりとしていて肉の旨みがお口の中に広がるにょ。おいしいにゃ〜。

c0337875_23085230.jpg
ぱんだがチョイスしたのは「今週のランチ 豚ロース竜田揚げ香味野菜のせ」にゃ。野菜が沢山盛られていてうれしいにょ。他に漬け物や酢の物も付いてたにゃ。豚ロース竜田揚げはお肉はジューシーで尚かつサッパリとしたお味でウマウマにゃ。揚げ物なのにサッパリとしているから、パクパクいけちゃうぞ。

野菜も素材のお味がしっかりとしていておいしから一緒に食べていたら、気がついた時にはお腹いっぱいになっていてビックリしたにゃ。ご飯もツブがたっていて美味にゃ。満足にゃ〜。

c0337875_23100736.jpg
今年もこの時期限定「いちごシェイク」の登場にゃ。わーい、パチパチパチ。同じ市内の「いちごドリーム」さんのいちご使用しているそうにゃ。

シェイクはいちご感がすごいにょ。果肉もたっぷり入っていて、果実の甘味と酸味が詰まっていて、ウマウマにゃ。

c0337875_23105298.jpg
クラッシュした冷凍いちごがたくさんのっていてにゃ、いちごづくしにゃ〜。クリームやアイスものっていて贅沢にゃ〜。いちごを堪能したぞ。おいしかったにゃ〜。時期限定なので期間中にもう一度食べたいにゃ〜。また、行きたいにゃ。









[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-16 22:49 | 和食、洋食、定食 | Comments(0)

c0337875_19211794.jpg
大道峠を下るとすぐに入須川地区の山里風景。

みなかみ町側は中之条に比べると圧倒的に涼しいです。朝まで大雨で、場所によっては雹も降ったそうです。苗場などは雪も降ったそうです。

c0337875_19215131.jpg
りんごの木も新緑。

c0337875_19221429.jpg
水田には水が張られていて、早いところでは田植えが始まっています。

c0337875_19565528.jpg
県道は水田をぐるっと囲むようにカーブします。

c0337875_19230242.jpg
水田の畦には石仏が集められています。

c0337875_19232644.jpg
5月の青空を映し出す棚田。爽やかで涼しい風が吹き抜けます。

c0337875_19235028.jpg
棚田のすぐ近くにある温泉施設「遊神館」さん。割引券も持ってるし、ひとっ風呂浴びていくかー、っと思ったのですが、さすがGW、昼から混んでいます。また今度にしましょう。

c0337875_19241562.jpg
道はずっと下り基調。

c0337875_19243444.jpg
山の中の大きな平らな台地、須川平に到着。

c0337875_19245349.jpg
たくみの里に到着。「わらシシ親子」が迎えてくれます。

c0337875_19251272.jpg
国道17号の湯宿温泉から上がって来て、途中ショートカットして道の駅へ向かってしまうと、出会えませんので御注意。

c0337875_19253364.jpg
たくみの里に到着。道の駅は第二駐車場まで満車、臨時駐車場も半分くらい埋まる盛況ぶり。

c0337875_19255129.jpg
旧三国街道宿場通り。散策している人がたくさんいます。時々電動バス?も走ります。

c0337875_19262397.jpg
昼食は宿場通りの真ん中、火の見櫓近くの食堂、いつもの「たくみの里食堂」さんで。ご主人は渓流釣りの名手。この地ではまだまだ少ないサイクルラックがうれしい。GW限定メニューを堪能しました(記事はこちら)。

c0337875_19265165.jpg
わらシシ親子の向かいのお寺「大黒山東泉寺」。こちらの境内にいつの間にかカフェがオープンしていたので立ち寄っていきます。一週間前にオープンしたばかり「寺カフェEST」さんです。

c0337875_19272887.jpg
門前の茶屋的雰囲気の中で、アイスコーヒーとオレンジジュースをいただきながら、お店の方とスキーやスノボ、地域のお話しを40分ほど。ゆっくりできて体力回復しました(記事はこちら)。

c0337875_19275155.jpg
赤い耳付きの湯の華燦々橋。

c0337875_19282010.jpg
耳付きとか言っちゃってますが、実際は何なのか不明。地元の方に聞いても「さあー」といった答えが大半。

c0337875_19284255.jpg
橋の上から眺める湯宿温泉方面と赤谷川。

c0337875_19290509.jpg
橋を渡ると新巻地区。交通量が少なく、広く走りやすい道です。

c0337875_19292339.jpg
新緑がきれい。

c0337875_19300184.jpg
去年はチューリップがきれいに咲いていましたが、今年はすでに終わっていました。

c0337875_19320804.jpg
ちなみにこちら、ほぼ同じ場所の昨年の様子。山の新緑とかも全然違いますね。

その5へ続きます・・・



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-15 21:16 | 自転車(ツーリング2018) | Comments(0)

たくみの里食堂 20

c0337875_21491790.jpg
GW後半、大道峠自走ライドの時のランチはいつもの「たくみの里食堂」さんで。サイクルラックが設置されていて、地元産食材をふんだんに使った料理がいただけます。特にこの時期は山菜がいっぱい出てきます。

この日のたくみの里は散策する人で大変賑わっていました。

c0337875_21495290.jpg
午後2時からは地元産フルーツと地元産ヨーグルトを使用したスムージーも登場します。

c0337875_21504272.jpg
GW期間中は特別メニューでの営業です。現在は通常メニューに戻っています。こちらはGWメニュー「ギンヒカリづけめしと手打ちそばセット」です。群馬銘柄ギンヒカリとシャキシャキのそばがいただける人気の組合せです。これが楽しみで埼玉から走ってきました。今GW2回目の訪問です。

今回、大盛り料金で丼にしていただいちゃいました、感謝です。埼玉から自走でヨロヨロやって来たサイクリストへのご褒美なんだと思います。

c0337875_21511429.jpg
ギンヒカリづけ丼、アップ。うん、やっぱり、丼の方が卵黄とのバランスがいいし、たっぷりいただけて満足感高し。川魚とは思えないクセのない上質でコくのある旨さは体験してみる価値ありますよ。

ちなみに通常メニューではギンヒカリづけめしはありませんが、ギンヒカリフライが登場しますので、一年中ギンヒカリを体験することができます。



[PR]
# by cornersmile-kun2 | 2018-05-14 23:00 | 和食、洋食、定食 | Comments(0)